TOPページへ
 トップページ  仕切り部分  「健やか親子21」について  仕切り部分  イベントと研修会情報  仕切り部分  取り組みの目標値  仕切り部分  母子保健・医療情報データベース 
 取り組みのデータベース  仕切り部分  地方計画  仕切り部分  推進協議会  仕切り部分  e-サポート  仕切り部分  学校保健  仕切り部分  リンク  仕切り部分  更新履歴  仕切り部分  サイトマップ 


11月は乳幼児突然死症候群(SIDS)対策推進月間です
戻る戻る



↑ポスターのダウンロードは画像をクリックしてください。
 厚生労働省は、平成11年度から、11月を乳幼児突然死症候群(SIDS)の対策強化月間と定め、SIDSに対する社会的関心を喚起するとともに、重点的な普及啓発活動を実施しています。
 平成23年度も同様に、11月の対策強化月間を中心に、関係行政機関、関係団体等においてさまざまな普及啓発活動を行うなど、SIDSの予防に関する取組の推進を図ります。

 
<主な取組>
 @うつぶせ寝は避ける、Aたばこはやめる、Bできるだけ母乳で育てるの3つの望ましい育児習慣等について、ポスターおよびリーフレットの活用による全国的な啓発活動。
 「健やか親子21」国民運動における全国的な啓発活動の展開。
 「乳幼児突然死症候群(SIDS)に関するガイドライン」(平成17年4月公表)の内容の周知・普及。
関係行政機関、関係団体等を通じて、医療機関等に対し、「乳幼児突然死症候群(SIDS)の診断の手引き」の内容を参考とし、検案(死体について死亡 の事実を医学的に確認すること)を行う際は、SIDSと虐待又は窒息事故とを鑑別するためにも、的確な対応を行うこと、必要に応じ保護者に対し乳幼児の解 剖を受けるよう勧めることを依頼。

実施期間:平成23年11月1日から11月30日まで。









乳幼児突然死症候群(SIDS:Sudden Infant Death Syndrome)は、それまで元気だった赤ちゃんが、事故や窒息ではなく眠っている間に突然死亡してしまう病気です。

発症は年々減少傾向にはありますが、平成21年には全国で157人の赤ちゃんがこの病気で亡くなっており、乳児(0歳)の死亡原因の第3位となっています。

発症原因はまだ分かっていません。しかし、以下に示す3点に留意すれば、発症率が低下すると研究で明らかになっています。

対策強化月間を開始した平成11年度以降、この病気で亡くなる赤ちゃんの人数は半数以下に減少しています。





乳幼児突然死症候群(SIDS)発症の危険性を低くするための留意
    (平成9年度厚生省心身障害研究 主任研究者:田中 哲郎) 


(A)うつぶせ寝は避ける。
 うつぶせ寝が、あおむけ寝に比べてSIDSの発症率が高いという研究結果がでています。医学上の理由で必要なとき以外は、赤ちゃんの顔が見えるあおむけ に寝かせるようにしましょう。また、赤ちゃんをなるべく一人にしないことや、寝かせ方に対する配慮をすることは、窒息や誤飲、けがなどの事故を未然に防ぐ ことになります。

(B)たばこはやめる。
 両親が喫煙する場合、両親が喫煙しない場合よりSIDSの発症率が高くなるというデータがあります。妊婦自身が禁煙することはもちろん、妊婦や赤ちゃんのそばでの喫煙も避けるよう、身近な人の協力が必要です。

(C)できるだけ母乳で育てる。
 母乳による育児が赤ちゃんにとって望ましいことは良く知られています。母乳で育てられている赤ちゃんは、人工乳で育てられている赤ちゃんと比べて SIDSの発症率が低いといわれています。人工乳がSIDSを引き起こすわけではありませんが、できるだけ母乳で育てるようにしましょう。



乳幼児突然死症候群(SIDS)対策強化月間実施要綱(PDF:785KB)

普及啓発用ポスター

普及啓発用リーフレット

ページ上部へ
Copyright 2001 by Zentaro Yamagata All rights reserved