TOPページへ
 トップページ  仕切り部分  「健やか親子21」について  仕切り部分  イベントと研修会情報  仕切り部分  取り組みの目標値  仕切り部分  母子保健・医療情報データベース 
 取り組みのデータベース  仕切り部分  地方計画  仕切り部分  推進協議会  仕切り部分  e-サポート  仕切り部分  学校保健  仕切り部分  リンク  仕切り部分  更新履歴  仕切り部分  サイトマップ 


首都圏の鉄道事業者16社局によるマタニティマークの配布等について
平成18年7月26日 国土交通省・厚生労働省発表資料
戻る戻る


本年2月に「健やか親子21推進検討会」(事務局・厚生労働省雇用均等・児童家庭局母子保健課)において決定した“マタニティマーク”につきましては、厚生労働省において把握しているところでは、これまでに自治体、企業、NPO法人、個人の方などに作成頂いております。

今般、マタニティマークの趣旨にご賛同頂いた首都圏の鉄道事業者16社局(小田急電鉄(株)、京王電鉄(株)、京成電鉄(株)、京浜急行電鉄(株)、相模鉄道(株)、西武鉄道(株)、東京急行電鉄(株)、東京地下鉄(株)、東京都交通局、東武鉄道(株)、東日本旅客鉄道(株)等)においても、マタニティマークの無償配布やマタニティマーク周知ポスターの掲示に関する取組を実施頂くこととなりました。

なお、この取組につきましては、厚生労働省及び国土交通省が後援いたします。

マタニティマークとは?
・ 妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。
・ さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。
各駅等において無償配布するマタニティマーク(直径5cm)

1.配布開始日 平成18年8月1日(火)
2.配布対象 妊産婦及びその家族等
3.配布する鉄道事業者
 及び配布箇所
下表の駅事務室
(JR東日本はお客さま相談室)
小田急電鉄 全駅 東京都交通局 全駅
京王電鉄 全駅 東武鉄道 全駅
 (無人駅を除く)
京成電鉄 全駅 JR東日本 お客さま相談室
京浜急行電鉄 全駅 江ノ島電鉄 藤沢駅、鎌倉駅
相模鉄道 全駅 埼玉高速鉄道 全駅
西武鉄道 全駅(無人駅を除く) 東葉高速鉄道
北習志野駅、東葉勝田台駅
東京急行電鉄 全駅
(こどもの国線および世田谷線の無人駅を除く)
箱根登山鉄道 箱根湯本駅、強羅駅
東京メトロ 全駅 北総鉄道 全駅



各駅に掲示するマタニティマーク周知ポスター(B1版)



<参考>
→マタニティマークをとおした「妊産婦にやさしい環境づくり」の推進について
ページ上部へ
Copyright 2001 by Zentaro Yamagata All rights reserved