TOPページへ
 トップページ  仕切り部分  「健やか親子21」について  仕切り部分  イベントと研修会情報  仕切り部分  取り組みの目標値  仕切り部分  母子保健・医療情報データベース 
 取り組みのデータベース  仕切り部分  地方計画  仕切り部分  推進協議会  仕切り部分  e-サポート  仕切り部分  学校保健  仕切り部分  リンク  仕切り部分  更新履歴  仕切り部分  サイトマップ 

更新履歴 【2013年の更新履歴】
【2012年の更新履歴】【2011年の更新履歴】
【2010年の更新履歴】【2009年の更新履歴】
【2008年の更新履歴】【2007年の更新履歴】
【2006年の更新履歴】
【2005年の更新履歴】
【2004年の更新履歴】
【2003年の更新履歴】
【2002年の更新履歴】【2001年の更新履歴】

■NEWS&CONTACT(2012年の更新履歴)
情報掲示板として、健やか親子21関連の講演会・研修会等の情報を掲載致します。
皆様からのたくさんの情報をお待ちしています。下記メールにて情報をお寄せ下さい。

MAILアイコンboshidat★yamanashi.ac.jp (★を@に変更して送信してください)
ライン



  2012.12.23
掲載
平成24年度厚生労働科学研究 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業 講演会「健やかな子育て環境をめざして」
3月1日、日本子ども家庭総合研究所(東京都港区)で開催されます。 
 2012.12.23
掲載 
日本医師会市民公開講座「子どもを感染症から守る!予防接種の最新情報」
2月16日、日本医師会館大講堂(東京都文京区)での開催です。 
  2012.12.23
掲載
第7回子どもの食育を考えるフォーラム〜子どもの食の安全:大災害・放射線汚染のその後〜
1月26日、フラクシア東京ステーション(東京都千代田区)での開催です。 
 2012.12.23
掲載 
平成24年度「楽しい子育て全国キャンペーン」〜親子で話そう!家族のきずな・我が家のルール〜三行詩優秀作品の選定について
 2012.12.23
掲載 
平成24年度学校基本調査(確定値)の公表について(文科省)
 2012.12.23
掲載 
展示会「子どもの健やかな成長のために2012−厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財(出版物)の紹介」
厚生労働省では、2月5日(火)から24日(日)まで、国立国会図書館 国際子ども図書館(東京・上野)と共催で、展示会「子どもの健やかな成長のために2012 ―厚生労働省社会保障審議会推薦 児童福祉文化財(出版物)の紹介」を同図書館ホールで開催します。児童福祉文化財は、幼児から高校生向けに、また保育士など、子どもに関わる人が保育や指導を行う上で参考としてもらえるように、同審議会が毎年、出版物、舞台芸術、映画・メディア等の3分野ら優秀作品を推薦する制度です。
  2012.12.16
掲載
日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会「カーテンの留め紐による縊頸」
 2012.12.16
掲載
日本思春期学会 性感染症についての掲示板とアンケートのサイト公開
  2012.12.16
掲載
愛育ねっと学会等報告「平成24年度 健やか親子21全国大会群馬県大会」
 2012.12.16
掲載
通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査結果について
通常の学級に在籍する知的発達に遅れはないものの、発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒の実態を明らかにし、今後の施策の在り方や教育の在り方の検討の基礎資料とするために実施された調査です。 
  2012.12.16
掲載
今後の健康診断の在り方等に関する検討会(第4回) 配付資料 (文科省)
 2012.12.16
掲載 
今後の健康診断の在り方等に関する検討会(第3回) 議事録(文科省)
 2012.12.16
掲載
平成25年度医学部入学定員の増員計画について(文科省)
  2012.12.16
掲載
第7回感染症分科会予防接種部会日本脳炎に関する小委員会 議事録
  2012.12.16
掲載
日本脳炎ワクチン接種に係るQ&A(平成24年11月改訂版)
  2012.12.16
掲載
「『要保護児童対策地域協議会(子どもを守る地域ネットワーク)』の実践事例集」を作成〜効果的な取り組みをしている地方自治体の事例を全国へ紹介〜
厚生労働省は、市町村に設置され、子どもに関係する機関が情報を共有し、連携して児童虐待などの問題に対応する要保護児童 対策地域協議会(子どもを守る地域ネットワーク)の実践事例集を作成しました。要保護児童対策地域協議会を各市町村がさらに活用し、児童虐待問題へ の対応力を高めてもらうために、全国の地方自治体に提供します。この事例集は、要保護児童対策地域協議会を効果的に活用している7つの地方自治体に対して調査を行い、具体的な活用状況をとりまとめたものです。 
  2012.12.16
掲載
小児と薬情報収集ネットワーク事業小児と薬情報収集システム検討会の設置について
厚生労働省は、小児に用いられる医薬品の安全性情報を正確かつ詳細に把握し、安全対策に活用することを目的として、独立行政法人国立成育医療研究セン ターに「小児と薬情報センター」を設置する「小児と薬情報収集ネットワーク事業」を、平成24年度より開始しました。この事業を進めるにあたり、医学、薬学、統計、倫理の専門家からなる「小児と薬情報収集システム検討会」を設置し、運営方針、実施計画並びに関連システムの技術的仕様等を検討することとしました。 
 2012.12.9
掲載
養育支援を特に必要とする家庭の把握及び支援について(平成24年11月30日雇児総発1130第1号、雇児母発1130第1号)
2012.12.9
掲載 
2012年改訂版 保育所における感染症対策ガイドライン
「保育所における感染症対策ガイドライン」は、平成20年度児童関連サービス調査研究委託研究等事業として、医師や看護師、保育所の施設長等で構成される研究チームにより作成された「保育園における感染症の手引き」に基づき、平成21年8月に厚生労働省雇用均等・児童家庭局保育課長通知として発出され、乳幼児期の特性を踏まえた感染症対策の基本を示すことにより、各保育所において活用されてきました。平成24年4月1日付で学校保健安全法施行規則(昭和33年文部省令第18号)が一部改正されたこと、「保育所における感染症対策ガイドライン」についても発出から3年を経過したことから、「保育所における感染症対策ガイドライン見直し検討委員会」で検討を行い、、最新の知見を踏まえ、修正・加筆を行いました。 
 2012.12.9
掲載
マタニティマークに関する取組の状況調査の結果について
 2012.12.9
掲載
予防接種後健康状況調査集計報告書平成23年度前期分
 2012.12.9
掲載
予防接種後健康状況調査集計報告書平成23年度後期分および累計分
 2012.12.9
掲載
予防接種後副反応報告書集計報告書平成23年度分
 2012.12.9
掲載
平成23年国民健康・栄養調査結果の概要
 2012.12.9
掲載
社会的養護の課題と将来像の取組状況(平成24年11月版)
  2012.12.9
掲載 
社会的養護の現状について(平成24年11月版)
  2012.12.2
掲載 
文部科学省 食育特設サイトの開設

文部科学省は、現在放送中のドラマ『PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!』とタイアップし、国民に広く「食育」に対する理解・普及を図るための『食べるが「価値」。』プロジェクトを実施しています。このたび、当プロジェクトの一環として、「食育」の取組や出演者インタビューなどをコンテンツとした、食育タイアップ特設サイトを開設しました。

 2012.12.2
掲載 
ワクチン接種と乳幼児の突然死に関する疫学調査を実施します
平成23年3月に、インフルエンザ菌b 型(ヒブ)ワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンを含むワクチンの同時接種後の乳幼児の死亡が複数報告されました。調査の結果、専門家の会議において、 ワクチン接種と死亡との直接的な明確な因果関係は認められず、ワクチン接種の安全性に特段問題があるとは考えにくいとされました。一方で、海外ではワクチン接種と突然死の関連についての疫学調査が行われている国もありますが、日本国内で同様の調査研究がないことから、この度、疫学調査を実施することとなりました。調査では、原因不明の乳幼児の突然死の症例を収集するとともに、それぞれの突然死症例と性・年齢(月齢)が同一である乳幼児の対照例を収集し、突然死症例群と対照例群でのワクチン接種歴等に差があるかを検証します。なお、原因不明の乳幼児の突然死の症例数は少なく、できる限り多くの症例を収集することが必要であり、調査では、日本小児科学会、日本小児救急医学会等を通じて症例収集への積極的な呼びかけも行います。また、調査の進捗状況等は別途、有識者から構成される検討会を設置して評価を行う予定です。  
 2012.12.2
掲載 
第4回小児慢性特定疾患児への支援の在り方に関する専門委員会
  2012.12.2
掲載 
電気ケトルの転倒等による乳幼児の熱傷事故にご注意ください(消費者庁、国民生活センター)
  2012.12.2
掲載 
不妊に悩む方への特定治療支援事業 指定医療機関一覧
  2012.12.2
掲載 
感染性胃腸炎の流行状況を踏まえたノロウイルスの一層の予防の啓発について(平成24年11月27日事務連絡)
  2012.12.2
掲載 
児童館について
  2012.12.2
掲載 
放課後児童健全育成事業について
  2012.12.2
掲載 
ノロウイルスによる食中毒や感染に注意〜感染性胃腸炎の患者数は、過去10年の同時期で2番目に多い水準〜
  2012.11.25
掲載 
第2回子育てセミナーin青森(12/23、青森県藤崎町)
「学童期の子育てで大切なこと〜家庭でできること 学校でできること〜」をテーマに、医教連携を語ることの第1人者、横山浩之氏をお招きし「学童期の子育て」について学びます。
  2012.11.25
掲載  
学校保健ポータルサイト 特集:養護教諭のお仕事「第10回 児童生徒の保健委員会活動事例」
小学校、中学校、高等学校それぞれ2校ずつ、養護教諭の方からそれぞれの学校の特徴のある保健委員会の活動事例を紹介しています。
 2012.11.25
掲載  
日本学校保健会 平成24年度文部科学省補助事業「喫煙、飲酒、薬物乱用防止に関する指導参考資料」研修会 実施要領
日本学校保健会では文部科学省の助成を受け、平成20年から平成21年にかけての学習指導要領改訂に基づき『喫煙、飲酒、薬物乱用防止に関する指導参考資料』を改訂、配付しました。この指導参考資料の内容を有効に活用し、子どもたちにつなげられるよう普及啓発を目的として、 山梨県、富山県、岡山県の3会場で開かれます。
 2012.11.25
掲載  
(株)ファイザー 小学生の母親を対象とした「食物アレルギー」認識調査
ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:梅田 一郎)は、「食物アレルギー」や「アナフィラキシー」に対する小学生の母親の認識を明らかにするため、食物アレルギーをもつ子供の母親824名と、食物ア レルギーのない子供の母親824名、計1,648名の母親を対象に食物アレルギーに関する認識についてインターネット調査を行いました調査の結果、食物アレルギーをもつ子供の母親の87.6%が「アナフィラキシーショック」を起こす可能性が高いと思っていない、食物アレルギーの対応として、44.4%が「特に何もしていない」などが明らかになりました。
2012.11.25
掲載  
日本産婦人科医会 産婦人科勤務医の待遇改善と女性医師の就労環境に関するアンケート調査報告2012
集計された女性常勤医師は1,812 名で、全常勤医師の4割近くを占め、5年前に比較すると、男性医師数に変化はなく、女性医師は1.5 倍に増加しました。しかし特定の勤務先を持たない非常勤医師(425 名)の62%(264 名)が女性で、集計された女性医師の13%(264 名/2,076 名)、8人に1人が特定の勤務先を持っていないことが分かりました。
 2012.11.25
掲載 
恩賜財団母子愛育会 小児保健医療のトピックス研修会
疾病の予防や早期発見、育児支援・虐待予防など子どもの保健・医療に関する最近のトピックスを学びます。 
 2012.11.25
掲載 
慢性疾患をもつ子どもの“うつ”へのケア〜メンタルケアモデル開発ナショナルプロジェクト 小児慢性疾患のうつのメンタルケアモデル研修会〜
国立成育医療研究センター こころの診療部 子どもの心の診療ネットワーク事業 中央拠点病院主催で開かれます。先着120人、入場無料です。
 2012.11.25
掲載 
平成24年度「地域とともにある学校づくり」推進協議会(鹿児島会場) 実施報告
コミュニティ・スクールや学校支援地域本部、学校関係者評価等について、先進的な取組を行う教育委員会等による取組事例の発表及び協議等を行うことにより、地域とともにある学校づくりを一層推進するため、10月3日(水曜日)に鹿児島県のかごしま県民交流センターにおいて「地域とともにある学校づくり」推進協議会を開催しました。
2012.11.25
掲載 
「いじめの問題に関する児童生徒の実態把握並びに教育委員会及び学校の取組状況に係る緊急調査」結果について
平成24年8月1日〜9月22日に行った「いじめの問題に関する児童生徒の実態把握並びに教育委員会及び学校の取組状況に係る緊急調査」の結果が公表されました。
  2012.11.18
掲載 
日本小児科医会 小児保健法のポスターができました
  2012.11.18
掲載 
予防接種健康被害救済制度について(厚生労働省)
予防接種の副反応による健康被害は、極めて稀ですが、不可避的に生ずるものですので、接種に係る過失の有無にかかわらず、予防接種と健康被害との因果関係が認定された方を迅速に救済するものです。この救済制度について説明するリーフレットがアップロードされました。 
  2012.11.18
掲載
東日本大震災から間もなく2年 被災した子どものケアと災害を背景に発生する子ども虐待について〜親と子への支援、「プレイメーカー・プロジェクト」実践報告〜
アメリカのボストン小児病院から、様々な困難を抱える子どものケアに当たってきたソーシャルワーカーのAllison Scobie-Carrollさんと、アメリカの災害現場でボランチア活動をされてきた江津秀恵さんをお招きして、日本が抱えている課題と対応策、提言などについて話を聞きます。また、東日本大震災発生直後から被災地に入り、子どものケアに当たってきた児童精神科医の本間博彰さんが、「プレイメーカー・プロジェクト」の実践報告とともに、大災害で被災した子どものケアに関する考え方や課題、今後の展望、要望などについて話します。12月18日、国立オリンピック記念青少年総合センターでの開催です。
 2012.11.18
掲載 
平成24年度家族の日、家族の週間(内閣府)
内閣府では、子どもと子育てを応援する社会の実現に向けて、子育て家族やその家族を支える地域の大切さについて理解を深めてもらうために、平成19年度から11月第3日曜日を「家族の日」、その前後各1週間を「家族の週間」と定め、この期間を中心として理解促進を図っています。平成24年度は11月18日が家族の日、11月11〜24日が「家族の週間」と定められています。 
 2012.11.18
掲載 
犯罪行為として取り扱われるべきと認められるいじめ事案に関する警察への相談・通報について(文部科学省通知)
 2012.11.18
掲載 
日本脳炎ワクチン接種に係るQ&A(厚生労働省)
 2012.11.18
掲載 
感染性胃腸炎の流行に伴うノロウイルスの予防啓発について
 2012.11.18
掲載 
政府インターネットテレビ「 みんなで守ろう 子どもたち〜もしかしてと思ったらすぐ相談 児童虐待から子どもを守る」
身の回り で「虐待を受けたと思われる子供」や「虐待の疑いがある家庭」を見かけた場合、どのように対応すれば良いのかを専門家のインタビューを通して紹介しています。
  2012.11.18
掲載 
政府インターネットテレビ「みんなで守ろう 子どもたち〜子育てで1人で悩まず まず相談 児童虐待から子どもを守る」
専門家のインタビューを中心に、出産や子育てに悩んでいる家庭を支援する取り組みなどを紹介しています。 
 2012.11.11
掲載 
日本学校保健会「平成23年度 学校保健委員会の設置状況」を更新
 2012.11.11
掲載 
難病のこども支援全国ネットワーク 病弱教育セミナー2013
病弱教育に携わる教師や医療・福祉の現場でこれらの子ども達と接しておられる方々を対象に、わが国の病弱教育の現状や、病気の種類とその特徴、医療の現場の実際、入院や在宅している子ども達の実情をもとに、病気療養児の教育充実を目的に開かれます。 
  2012.11.11
掲載  
こどもの城 小児保健クリニック 講習会 第19回心とからだの健康0.1.2歳児〜小児保健の基礎と実際〜
保育所、子育て支援センター、児童館などで子育て支援に関わっている方を対象に、こどもの城小児保健部のスタッフが日頃の活動をもとに、現場に役立ててもらえるような0.1.2歳児の保健の基礎と実践についてお話しします。平成25年3月8日・9日の開催です。 
 2012.11.11
掲載  
全国の保育所実態調査報告書2011(全国保育協議会)
全国保育協議会は、保育所をとりまく環境変化と、今日的課題を明らかにするとともに、会員保育所の状況を適切に把握し、今後の制度統計に要望・提言を行っていくという課題認識のもと、前回実施した2006年に引き続き、全国の保育所実態調査を実施しました。 
 2012.11.11
掲載  
キッズデザイン製品開発ワークショップ「ものづくりイノベーション'キッズデザイン' 〜もしもそこに子どもがいたら?!〜」
経済産業省では平成22年度より、持続可能で安全・安心な社会の実現の一環として、子どもの安全に配慮された製品の開発を支援する「キッズデザイン製品開発支援事業」を実施しています。キッズデザインという新しい価値を持った製品市場の拡大に向けて、製品創造を担う開発者の人材育成を目的に、設計支援ツールやデータベースを活用したキッズデザイン製品開発プロセスを体験するワークショップです。
2012.11.11
掲載   
措置解除等に伴い家庭復帰した児童の安全確保の徹底について(平成24年11月1日雇児総発1101第3号)
2012.11.11
掲載  
平成23年度「職場の子育て応援プログラム」(特定事業主行動計画)実施状況の公表について
厚生労働省では、職員の仕事と子育ての両立支援を盛り込んだ行動計画として「職場の子育て応援プログラム」(計画期間:平成22年度〜平成26年度)を定 めています。プログラムの平成23年度の実施状況について、「次世代育成支援対策促進法」第19条第5項に基づき、公表します。
 2012.11.4
掲載 
日本学校保健会夏季セミナー 未成年者飲酒予防研修会「学校に求められる未成年飲酒防止教育・実態とその背景」記録集 無料頒布のお知らせ
 2012.11.4
掲載 
国民生活センター「キックスケーターの前輪が取れて子供がけが」
国民生活センターが、「キックスケーターの各部のネジが外れやすく、新品に交換してもらったが同様にネジが外れ、前輪が取れて使用していた4歳児がけがをした。商品に問題がないか調べてほしい。」という依頼を受け、商品テストを行ったレポートです。 
 2012.11.4
掲載 
「子どもの自殺報道に際して配慮」の要望書
「子どもの自殺報道に際して配慮してほしい点」を日本小児神経学会、日本小児心身医学会、日本小児精神神経学会の3学会は連名で日本新聞社協会に要望しました。 
 2012.11.4
掲載 
日本母性衛生学会 健やか親子21 23年度実績ならびに24年度行動計画
 2012.11.4
掲載 
日本保育園保健協議会【新刊情報】「保育保健における食育実践の手引き2012」 
平成24年3月に発表された「保育所における食事の提供ガイドライン」を活用しやすくするため、特に保育現場からの問題に対応して、ガイドラインが身近になるよう編集されています。保育士、栄養士・調理員、看護師および園長の役割、さらに平成23年度日本保育園保健協議会が行った調査研究事業の結果報告などが掲載されています。 
2012.11.4
掲載 
日本産科婦人科学会・公開シンポジウム「出生前診断−母体血を用いた出生前遺伝学的検査を考える」開催のお知らせ
11月9日、申込み締切です。 
2012.11.4
掲載 
11月は児童虐待防止月間です 
今年の標語は「気づくのは あなたと地域の 心の目」です。 
2012.11.4
掲載 
受動喫煙防止対策の徹底について(厚生労働省通知)
 2012.11.4
掲載 
平成24年度春 急性灰白髄炎(ポリオ)予防接種率の調査結果まとめ
厚生労働省は、市町村が実施する急性灰白髄炎(ポリオ)の予防接種について、平成24年度春シーズン(4月〜8月)の実施状況を取りまとめました。それによると、対象者105.4万人中、接種者は70.8万人=接種率67.2%でした。
  2012.10.28
掲載 
文部科学省食育プロジェクトとドラマ『PRICELESS』がタイアップ〜食べるが、価値(かち)〜
文部科学省は、「食育」について、国民に広く理解・普及を図ることを目的として、ドラマ『PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!』とタイアッ プ企画を実施することを決定しました。企画第一弾として、タイアップポスターを作成し、10月末より全国の学校に配付します。 
  2012.10.28
掲載 
平成22年 地域児童福祉事業等調査の結果〜認可外保育施設利用世帯の状況(平成23年2月実施)〜
厚生労働省は、平成22年「地域児童福祉事業等調査」の結果をとりまとめましたので公表します。今回の調査は、認可外保育施設(ベビーホテル、その他の認可外保育施設)を利用する世帯を対象に、父母の就業状況や認可保育所への入所の検討状況などを 調査したものです。なお、「地域児童福祉事業等調査」は、保育を中心とした児童福祉事業の実態を把握するため、「市町村」、「認可外保育施設利用世帯」、 「保育所利用世帯及び認可外保育施設」を対象に、それぞれ3年周期で実施しているものです。 
 2012.10.28
掲載 
「早期母子接触」実施の留意点についての共同提言
日本周産期・新生児医学会、日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会、日本小児科学会、日本未熟児新生児学会、日本小児外科学会、日本看護協会、日本助産師会による共同提言です。
 2012.10.28
掲載 
FOUR WINDS 乳幼児精神保健学会 第15回学術集会兵庫大会IN加古川(2012.11.23〜24)
第15回兵庫大会では、「絆 〜人の中で子どもは育つ〜 子どもを支え、親を支え、社会を支える」というテーマで、市民公開講座などが予定されています。 
   2012.10.28
掲載 
偶発事例報告事業 平成23年の事例解析結果 日本産婦人科医会医療安全委員会
   2012.10.28
掲載 
学校安全Web 【教材カード10月号】「遊具の安全 〜すべり台編〜」を掲載
  2012.10.28
掲載 
乳幼児突然死症候群(SIDS)診断ガイドライン(第2版)について
現場で診断する医師が、法医や病理の医師と議論・検討の上、SIDSをより適切に診断するためのガイドラインです。第2版では、問診・チェックリストに SIDSの除外診断に必要な検査項目や寝返りの状況等詳細分析を行う場合に必要な項目を追加した他、選択肢を増やすなどの改訂を行い、問診・チェックリス トの記入要領を作成しました。
  2012.10.28
掲載
11月は「乳幼児突然死症候群(SIDS)」の対策強化月間です
厚生労働省は、平成11年度から、11月を乳幼児突然死症候群(SIDS)の対策強化月間と定め、SIDSに対する社会的関心を喚起するとともに、重点的な普及啓発活動を実施しています。平成24年度も同様に、11月の対策強化月間を中心に、関係行政機関、関係団体等においてさまざまな普及啓発活動を行うなど、SIDSの予防に関する取組の推進を図ります。 
 2012.10.21
掲載   
第26回日本小児救急医学会・区民公開講座「小児救急―その予防から蘇生までー」開催レポート

平成24年6月1日、2日の両日にわたり、大田区区民ホール「アプリコ」において第26回日本小児救急医学会が開催され、大田区との共催および大田区三医師会の後援により区民公開講座「小児救急―その予防から蘇生までー」も同時開催されました。区民公開講座は広く一般の方々に公開されたイベントであるため、各プログラムの要点(まとめ)を日本小児救急医学会ホームページの一般用ページにも掲載しました。 

  2012.10.21
掲載  
日本小児看護学会 子どもの事故防止ノート改訂
 2012.10.21
掲載  
性の健康医学財団 市民公開講座「いのちを大切に〜みんなで知ろう子宮がんのこと」
11月4日、金沢大学で開かれる市民公開講座の案内です。 
  2012.10.21
掲載 
児童虐待防止協会 子どもの虐待ホットライン 集中電話相談
児童虐待防止協会は、児童虐待防止月間にあわせ、11月1日〜5日、集中電話相談を行います。 
  2012.10.21
掲載 
「キッズデザインガイドライン 消費者との意見交換会」開催のご報告(キッズデザイン協議会)
NPO法人キッズデザイン協議会は、「『子どもたちの安全安心に貢献するデザイン』における安全性のガイドライン」を策定し、その具体的な策定内容を提示するとともに、消費者との意見交換会を開催しました。 
 2012.10.21
掲載  
障害のある幼児児童生徒の給食その他の摂食を伴う指導に当たっての安全確保について(通知)文部科学省
障害のある幼児児童生徒の給食その他の摂食を伴う指導に当たっては、各学校において一人一人の障害の状態に応じた指導に 取り組んでいただいているところですが、本年6月22日、特別支援学校において給食の時間中に、児童が食物を誤嚥(えん)し喉に詰まらせる事故が発生しま した。文部科学省においては、これまでも『食に関する指導の手引―第1次改訂版―』等により食に関する指導を行う場合の留意点を示すなど、給食 等の指導における安全確保の徹底について求めてきたところですが、今後このような事故の再発を防止するため、障害のある幼児児童生徒の給食等の指導に当 たっての留意点について、改めてとりまとめました。 
  2012.10.21
掲載 
学校におけるスポーツ外傷等による脳脊髄液減少症への適切な対応について(文部科学省)
  2012.10.21
掲載 
第1回小児慢性特定疾患児への支援の在り方に関する専門委員会
 2012.10.14
掲載 
日本公衆衛生学会総会自由集会 第12回 「知ろう・語ろう・考えよう!健やか親子21」〜市町村規模別にみる発達障害児の支援体制について
今年のテーマは、「市町村規模別にみる発達障害児の支援体制について」です。多くの方のご参加をお待ちしております。
  2012.10.14
掲載
日本家族計画協会 冊子「妊娠中から考える、お産の後の あなたと赤ちゃんの健康」配布受付開始
日本家族計画協会では、日本産婦人科医会の協力を受け、冊子「妊娠中から考える、お産の後の あなたと赤ちゃんの健康」を毎年発行し、希望施設に無料配布を行っています。
  2012.10.14
掲載
日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会 Injury Alert(傷害速報)歯ブラシによる刺傷
  2012.10.14
掲載
日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会 Injury Alert(傷害速報) 鉄板による熱傷
  2012.10.14
掲載
平成24年度「子ども・若者育成支援強調月間」(内閣府)
内閣府では、子ども・若者育成支援に関する国民運動の一層の充実や定着を図ることを目的として、毎年11月を「子ども・若者育成支援強調月間」と定め、関係省庁、地方公共団体及び関係団体とともに、諸事業、諸活動を集中的に実施しています。平成24年度の重点事項は、@子ども・若者の社会的自立支援の促進、A生活習慣の見直しと家庭への支援、B児童虐待の予防と対応、C子ども・若者の犯罪や有害環境等から守るための取組の推進、――です。
  2012.10.14
掲載
平成24年度子ども・子育て支援「家族の日」フォーラムの開催について(内閣府)
内閣府では、11月の第3日曜日を「家族の日」、その前後各1週間を「家族の週間」と定め、「家族の日」に地方公共団体との共催により、関係団体等の協力・参加を得て、子ども・子育て支援「家族の日」フォーラムを開催いたします。今年は、東京都港区で「家族の日」フォーラムを開催いたします。
  2012.10.14
掲載
平成23年度体力・運動能力調査結果について(文部科学省)
 2012.10.14
掲載
政府広報オンライン “合法ハーブ”は危険な「違法ドラッグ」 絶対に手を出さないでください!
  2012.10.7
掲載
日本公衆衛生学会 日本公衆衛生雑誌 第59巻第8号掲載「妊娠中の喫煙が子どもの肥満に及ぼす影響の生存時間解析による検討」(鈴木孝太,他)
  2012.10.7
掲載
日本産婦人科医会のHPがリニューアルされました
  2012.10.7
掲載
「子どもの虐待防止推進全国フォーラムinほっかいどう」
厚生労働省では、国民一人ひとりが児童虐待問題についての理解をより一層深め、主体的に関わりをもっていただくためのイベント「子どもの虐待防止推進全国フォーラムinほっかいどう」を開催します。参加無料。事前にお申し込みいただけば、どなたでも参加できます。この行事は平成24年度「児童虐待防止推進月間」の取組の一つとして行うものです。 
  2012.10.7
掲載
<通知>定期(一類疾病)の予防接種実施要領
  2012.10.7
掲載
女性健康支援センター事業の概要(厚生労働省)
厚生労働省は、保健師等による婦人科的疾患及び更年期障害、出産についての悩み、不妊等、女性の健康に関する一般的事項に関する相談指導を行う「女性健康支援センター」の整備を進めています。 
  2012.10.7
掲載
不妊専門相談センター事業の概要(厚生労働省)
厚生労働省は、不妊に悩む夫婦に対し、不妊に関する医学的・専門的な相談や不妊による心の悩み等について医師・助産師等の専門家が相談に対応したり、診療機関ごとの不妊治療の実施状況などに関する情報提供を行う「不妊専門相談センター」の整備を進めています。「子ども・子育てビジョン」において、平成26年度までにすべての都道府県・指定都市・中核市に「不妊専門相談センター」を整備することが目標とされています。
  2012.10.7
掲載
平成23年度麻しん風しん予防接種(第1期〜第4期)実施状況(2012年3月31日現在)
  2012.10.7
掲載
マイコプラズマ肺炎に関するQ&A(厚生労働省)
  2012.10.7
掲載
反復・習慣流産(いわゆる「不育症」)について(厚生労働省)
  2012.10.7
掲載
第10回21世紀出生児縦断調査(平成13年出生児)の結果
同一客体を長年にわたって追跡する縦断調査として、平成13年度から実施している統計調査です。21世紀の初年に出生した子の実態及び経年変化の状況を継続的に観察することにより、少子化対策等の施策の企画立案、実施等のための基礎資料を得ることを目的としています。
  2012.9.30
掲載
日本女医会「子どもの予防接種」について
  2012.9.30
掲載
日本小児科医会 第12回 思春期の臨床講習会
  2012.9.30
掲載
日本小児科学会 学校、幼稚園、保育所において予防すべき感染症の解説 改訂版
  2012.9.30
掲載
日本小児科学会 特殊ミルク安定供給のためのワークショップ
 2012.9.30
掲載 
母子衛生研究会 母子保健指導者対象セミナー「子どもの感染症と予防接種の理解」
母子衛生研究会は、子どもが罹ってしまうと命に関わるような感染症、重篤な障害をのこすおそれのある感染症について、また、それらを予防するワクチン等について最新の情報を提供するセミナーを開催します。 
  2012.9.30
掲載
母子衛生研究会 母子保健セミナー案内
地域母子保健活動を推進し母子保健全体の向上を図るため、行政職を中心とした母子保健関係者を対象に開催されるセミナーです。全国7会場で開かれます。
  2012.9.30
掲載
国立総合児童センター「こどもの城」の閉館について
  2012.9.30
掲載
麻薬・覚醒剤乱用防止運動の実施について(厚労省)
麻薬、覚せい剤、大麻、シンナー、違法ドラッグ(いわゆる脱法ドラッグ)等の薬物乱用による弊害を広く国民一般の方々に正しく認識してもらい、国民が一体 となってこれに立ち向かう態勢を作り、もって薬物乱用による弊害の根絶を期することを目的として全国的に展開するものです。  
 2012.9.23
掲載
日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会 Injury Alert(傷害速報)Follow-up 報告No. 3
 2012.9.23
掲載
平成24年度食育月間の取組を掲載しました(内閣府)
2012.9.23
掲載 
合法ハーブ等と称して販売される薬物に関する当面の乱用防止対策(平成24年8月30日取りまとめ)内閣府
最近、「合法」と称してハーブなどの形態で販売される幻覚作用等を有する薬物を使用した者が、意識障害、嘔吐、痙攣、呼吸困難等の健康被害を起こす事例が多発していることから、更なる乱用拡大を防止するため、当面以下の対策を強力に推進することとしたものです。
 2012.9.23
掲載
8020日歯TV「基本的な歯の磨き方〜10代になったら歯肉炎対策!〜」(日本歯科医師会)
 2012.9.23
掲載
学校安全Web 教材カード「運動会でのけがに注意」
 2012.9.23
掲載
平成24年8月の熱中症による救急搬送の状況(消防庁)
 2012.9.23
掲載
総合的な子ども・子育て支援のための組織の在り方検討会議(内閣官房)
子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)附則第2条第4項に規定されている総合的な子ども・子育て支援を実施するための行政組織の在り方の検討について、関係府省の密接な連携の下に進めるため、開催するものです。 
  2012.9.23
掲載
平成23年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」結果について
 2012.9.16
掲載
「いじめ、学校安全等に関する総合的な取組方針」の策定(文部科学省)
次代の我が国を担う子どもの育成を図っていく上で、その生命・身体を守ることは極めて重要であり、これまで以上に学校、教育委員会、国、さらには家庭や地域も含めた社会全体が一丸となって、いじめや学校安全等の問題に取り組んでいくことが必要です。このたび、このような考え方を踏まえ、これまでの取組を見直し、文部科学省として、当面、いつまでに、どのようなことに取り組むのかを示す「いじめ、学校安全等に関する総合的な取組方針」を策定しました。 
 2012.9.16
掲載
生徒指導・進路指導総合推進事業の参考事例(文部科学省)
 2012.9.16
掲載
学校施設の在り方に関する調査研究協力者会議(第12回)・老朽化対策検討特別部会(第5回)合同会議 配付資料
 2012.9.16
掲載
チャイルドシートの肩ベルトの調整を忘れずに!〜お子様がチャイルドシートから抜け出し、チャイルドシートの肩ベルトが首にかかって負傷する事故が発生しました〜(国土交通省)
店舗駐車場において、子供(月齢11ヶ月)をチャイルドシートに乗せたまま車内に残して車を離れ、その後車に戻ると、子供の体がチャイルドシートの外に出 て、チャイルドシートの肩ベルトが首にかかった状態となっている事案が発生しました。肩ベルトが適切に調整されておらず、緩んでいたために子供が抜け出せ たこと及び子供を車内に一人で残していたことが、本事案の発生原因として考えられます。 国土交通省では、これまでも肩ベルトの適切な調整等、チャイルドシートの適切な使用方法について自動車ユーザーへの注意喚起をしてきたところですが、改めて注意事項について注意喚起を行うこととし、日本自動車部品工業会などの関係機関及び地方運輸局に対して、チラシを活用する等による注意喚起に関 し、協力依頼を行いました。また、国土交通省のホームページにおいても、注意事項を掲載しました。
2012.9.16
掲載 
学校体育実技指導資料第7集「体つくり運動」 (改訂版)
文部科学省では、平成12年3月に「体つくり運動」の指導の基本的な考え方を示した「学校体育実技指導資料 第7集 体つくり運動」を策定しました。同資料は、各学校で「体つくり運動」の授業の考え方と進め方の手引きとして広く用いられてきましたが、この度の学習指導要領の改訂に沿った内容とするため、改訂版として本書を策定しました。改訂した学習指導要領の体育・保健体育科においては、生涯にわたる豊かなスポーツライフの実現に向け、小学校から高等学校までを見通し、発達の段階のまとまりを踏まえた指導内容の体系化を図るとともに、体力の向上を重視し、「体つくり運動」の一層の充実を図ることを目指しています。 
2012.9.16
掲載 
栄養教諭を中核とした食育推進事業事業結果報告書(平成23年度)
 2012.9.16
掲載
平成24年度「地域とともにある学校づくり」推進協議会 実施報告(文部科学省)
 2012.9.16
掲載
子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について(厚生労働省)
 2012.9.16
掲載
第10回薬害を学び再発を防止するための教育に関する検討会議事録
  2012.9.16
掲載 
「薬と健康の週間」の実施について(各都道府県で行われる啓発イベント)厚生労働省
  2012.9.9
掲載 
国立感染症研究所 注目すべき感染症 ◆ RSウイルス感染症
  2012.9.9
掲載 
こどもの城 小児保健クリニック 講習会〜多様化する親子へのかかわり方〜
家庭環境が多様化するなかで支援者は親子にどのように対応したらよいかを学ぶセミナーです。今回は「発達障害」に焦点を当て、現場での対応や家庭との連携について整理して考えます。また、保護者が子育てで困っていることや、支援者に求めていることを知り、よりよい親子支援の方法を探ります。12月1日、こどもの城での開催です。
  2012.9.9
掲載 
こどもの城 小児保健クリニック 講習会 「遊び」から理解する子どものこころの発達
 「遊び」に子どもの発達やこころがどう表現されるのかについての講義で、実例をとりあげながら理解を深め、具体的な対応に生かしてもらおうと開かれます。10月28日、こどもの城での開催です。
  2012.9.9
掲載 
「学校施設における天井等落下防止対策の推進に向けて(中間まとめ)」の取りまとめについて(文科省)
学校施設は児童生徒が学習・生活する場であり、また、非常災害時には応急避難場所として重要な役割を果たすため、学校施設は安全と安心を十分に確保したものでなければなりません。過去の地震に加え、東日本大震災においても天井等落下被害が多かったこと、国土交通省において建築物の天井脱落対策に関する新たな基準への適合の義務付けが検討されていること等を踏まえ、文部科学省では有識者会議を設置し、既存の屋内運動場等の天井等落下防止のための緊急に講ずべき措置等について検討を行いました。 
  2012.9.9
掲載 
夏季休業が終了した時期における児童生徒への適切な対応について(依頼)文部科学省
  2012.9.9
掲載 
平成23年人口動態統計(確定数)の概況(厚労省)
 2012.9.9
掲載 
平成23年度全国母子世帯等調査の結果(厚労省)
 2012.9.2
掲載 
(社)母子保健推進会議「1歳6か月児健診時配布教材セット、リニューアル」
「1歳6か月児健診配布教材セット」のリーフレットが大幅リニューアルされました。
 2012.9.2
掲載 
日本母乳の会 第5回母乳育児支援研修会 母乳育児の第一歩から「赤ちゃんにやさしい病院」認定へ −母乳育児成功のための10カ条の日本の実践を学ぶ−
日本母乳の会では、母乳育児の知識を得、技能を高めたいと考えておられる方々、新たにWHO・ユニセフ「赤ちゃんにやさしい病院・Baby Friendly Hospital(BFH)」認定を目指している施設の方々を対象に研修会を開催しています。今回は福岡市で開催します。 
 2012.9.2
掲載 
日本新生児看護学会 NICUに入院した新生児のための母乳育児支援セミナー
10月27日、東京都内で開かれます。 
 2012.9.2
掲載 
平成24年度健やか親子21全国大会のお知らせ
今年は10月31日〜11月2日、群馬県で開きます。 
 2012.9.2
掲載 
日本歯科医師会 8020日歯TV「基本的な歯の磨き方〜6歳臼歯をむし歯にしない〜」
2012.9.2
掲載  
平成24年度学校基本調査速報の公表について
 2012.9.2
掲載 
パンフレット「企業と家庭で取り組む早寝早起き朝ごはん」の作成について 
子どもの生活習慣づくりは、家庭や学校、地域だけではなく企業も含めて社会全体で取組を推進することが必要となっています。このため、「家庭教育支援の推進に関する検討委員会・子どもの生活習慣づくり支援分科会(分科会長:鈴木みゆき和洋女子大学教授)」の監修の下、文部科学省は初めて、企業や働く保護者向けの啓発資料として「『企業と家庭で取り組む早寝早起き朝ごはん』〜大人が変われば、子どもも変わる〜」パンフレットを作成しました。
2012.9.2
掲載 
東京都生活文化局消費生活部生活安全課 家庭用ビニールプールで「おぼれ事故」に注意しましょう!
保育所の家庭用ビニールプールで遊んでいた女児(3歳)が、職員が5分ほど目を離した間に何らかの原因で溺れ、意識不明の重体となった事故に伴う注意喚起です。 
 2012.8.26
掲載
子どもの窒息事故にご注意ください!(消費者庁)
7月に栃木県で、2歳の女の子がフルーツポンチに入っていた白玉風のだんごを喉に詰まらせ、その後死亡するという事故が起きました。厚生労働省の「人口動態調査」によると、食べ物による窒息事故で、毎年20人以上の乳幼児が亡くなっています。消費者庁では、以前より、食べ物による窒息事故について注意喚起を行ってきましたが、引き続き注意の徹底をお願いします。 
 2012.8.26
掲載
機械式立体駐車場の安全対策の強化について
 2012.8.26
掲載
機械式立体駐車場での事故にご注意ください!(再周知)
機械式立体駐車場での事故については、本年4月に発生した事故を受け、5月2日に消費者庁と国土交通省が利用者に向けて注意喚起を行ったところですが、7月にも機械式立体駐車場の利用時に事故が発生しました。事故の再発防止のため、改めて注意していただきたいことをお知らせいたします。
 2012.8.26
掲載
平成25年度「児童福祉週間」の標語募集について
 2012.8.26
掲載
厚生労働省 食べものと放射性物質のはなし
厚生労働省は、「食べもの」と「放射性物質」に関する情報を集めたページを開設しました。 
 2012.8.26
掲載
愛育ねっと学会報告 「一般財団法人 日本健康・栄養システム学会 特別研修会 子どもの栄養・ケア・マネジメント研修会−子どもの心とからだの育ちの理解から栄養管理の展開へ−」
7月15・16日、兵庫県立大学 神戸学園都市キャンパス三木記念講堂で開かれた研修会の開催報告です。
 2012.8.26
掲載
平成24年度学校における受動喫煙防止対策実施状況調査について(文部科学省)
文部科学省では、学校における受動喫煙防止対策の実施状況について、学校及び各都道府県教育委員会、市区町村教育委員会の取組を調査しました。 
 2012.8.26
掲載
第10回子どもの虐待死を悼み命を讃える市民集会「守ろう子どもの命と心 広げよう子ども虐待防止オレンジリボン運動」〜わたしたちにできることがある〜
11月は児童虐待防止推進月間となります。児童虐待防止全国ネットワークでは、2003年より児童虐待防止推進月間に「子どもの虐待死を悼み命を讃える市民集会」を行い、今年で10回目を迎えます。11月23日、日比谷公会堂での開催です。
 2012.8.12
掲載
日本スポーツ振興センター 平成23年度 学校給食における食の安全に関する実態調査報告書
平成20年度および平成22年度に学校給食を原因とした食中毒発生先を調査し、得られた教訓と課題を取りまとめたも報告書です。
 2012.8.12
掲載
キッズデザインの輪 平成23年度キッズデザイン製品開発支援事業 基盤整備プロジェクトの成果報告
平成23年度キッズデザイン製品開発支援事業 基盤整備プロジェクトでの成果についての概要が公開されました。 
 2012.8.12
掲載
児童・生徒のための救命手当短時間プログラム(日本赤十字社)
日本赤十字社は、国内における更なる救命率の向上に寄与することを目的に学校の児童・生徒に対する心肺蘇生教育を積極的に行っています。
 2012.8.12
掲載
「いじめ問題に関する緊急メッセージ」について(法務省)
 2012.8.12
掲載
「通学路の交通安全の確保に関する有識者懇談会」意見とりまとめ(文部科学省)
平成24年4月に京都府亀岡市で発生した登校中の児童等の列に車が突っ込むという事故をはじめ、児童等が巻き込まれる痛ましい事故が相次いだことは大変残念でなりません。相次ぐ事故を受けて、文部科学省、国土交通省、警察庁では、相互に連携し、通学路の交通安全の確保に関する取組みを行うこととしました。
 2012.8.12
掲載
平成24年度再乱用防止対策講習会の開催について(厚生労働省) 
薬物依存症の専門家などの講義形式による講習会を行い、薬物問題の相談を受ける側の意識を高め、資質向上に役立てるのを目的に開きます。講習会は一般公開し、地域全体の再乱用防止に関する意識と知識の向上を図ります。 
2012.8.12
掲載 
重篤な疾患を持つ子どもの医療をめぐる話し合いのガイドライン(日本小児科学会)
小児医療の進歩に伴い、従来は治療が困難、不可能とされていた疾患についても治療の手立てを見いだす事ができるようになってきていますが、臨床現場では、重篤な疾患を持つ子ども、重篤な状態に陥った子どもについて、治療の継続や、とりわけ生命維持にかかわる治療の差し控えや中止を巡り、さまざまな葛藤が生じています。日本小児科学会倫理委員会は、子どもの権利条約の基本精神を踏まえ、このような葛藤に直面した子ども・父母(保護者)と医療スタッフが、重篤な疾患を持つ子どもの生命維持にかかわる治療の差し控えや中止を含め、治療方針の決定に向けた話し合いをするための道標となるガイドラインの作成を目的にワーキンググループを立ち上げてきました。これは、子ども・父母(保護者)と医療スタッフが、子どもの権利を擁護し、納得した話し合いを行ってゆくために用いられることを目的として作成されたガイドラインです。
 2012.8.12
掲載
計画停電に伴う水の汲み置きについて(日本小児科学会)
日本小児科学会は、節電や計画停電において、水の汲み置きをする際、特に乳幼児のいる家庭では浴槽での溺水予防に細心の注意を払うよう注意喚起を行っています。
2012.8.5
掲載 
母子の早期皮膚接触(early skin to skin contact; STS)についての日本母乳の会の見解
 2012.8.5
掲載
日本小児科学会主催 第4回園医・看護職・保育士のための研修会(9/30、名古屋) 
予防接種や感染症、小児歯科、食物アレルギーなどをテーマに開かれます。9月30日、名古屋市内での開催です。 
 2012.8.5
掲載
愛育ねっと 保育・養育そうだん室第53回 よくある質問(24):夏一日持ち歩いたペットボトルの残りを夕方飲むのは?
 2012.8.5
掲載
学校における体育活動中の事故防止について(報告書)文科省
 2012.8.5
掲載
体育活動中の事故防止に関する調査研究における海外調査(報告書)文科省
学校における体育活動中の事故については、死亡件数等は、小学校、中学校、高等学校いずれもおおむね減少傾向にありますが、今後の体育活動中の事故をなくすため、より一層の安全対策が求められています。この調査は、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスを対象とし、体育活動中の事故に関する基本的な情報を収集し、今後の検討に向けた基礎資料を作成することを目的として実施するものです。
 2012.8.5
掲載
保育所におけるアレルギー対応ガイドライン更新
 2012.8.5
掲載
平成21年地域児童福祉事業等調査結果の概況
保育を中心とした児童福祉事業に対する市町村の取組などの実態を把握し、多様化した需要に的確に対応した児童福祉行政施策を推進するための基礎資料を得ることを目的としています。調査は、市町村事業票、認可外保育施設利用世帯票、保育所利用世帯票及び認可外保育施設調査票から構成され、それぞれ3年周期で調査を実施しており、平成21年は、保育所利用世帯票及び認可外保育施設票の調査を実施しました。
 2012.8.5
掲載 
薬物乱用防止啓発資料 平成24年8月3日より新たに4物質が麻薬に指定されました
 2012.7.29
掲載   
首掛式の乳幼児用浮き輪を使用する際の注意について(国民生活センター)
 2012.7.29
掲載   
東京消防庁 乳幼児の溺れや窒息に注意!〜首輪型の浮き輪で救急搬送される事故が発生しています〜
 2012.7.29
掲載   
首掛式の乳幼児用浮き輪を使用する際の注意について(消費者庁)
首掛式の乳幼児用浮き輪を使用した際の事故の情報がありました。乳幼児から目を離さないようにするなど、使用の際に注意する点をお知らせします。 
 2012.7.29
掲載   
いじめ等で悩んでいるみなさんへのメッセージ (内閣府)
 2012.7.29
掲載   
インターネット上の書き込みに関する緊急メッセージ(法務省)
2012.7.29
掲載    
いじめに関する相談窓口の広報の強化について(法務省)
 2012.7.29
掲載   
立体駐車場工業会『機械式立体駐車場内の無人確認を徹底してください』
7月23日岩手県花巻市内の機械式立体駐車場において、同乗していた子どもを装置内に取り残し、誤って操作すると言う重大事故が発生したことに伴う注意喚起です。
2012.7.29
掲載    
子ども虐待による死亡事例等の検証結果(第8次報告の概要)及び児童虐待相談対応件数等
平成22年4月1日から平成23年3月31日まで、心中以外の虐待死事例は45例(51人)、心中による虐待死事例は37例(47人)でした。心中以外の虐待死事例で死亡した子どもの年齢は、0歳が23人(45.1%)と最も多く、3歳以下が43人と8割超を占めています。 
2012.7.29
掲載   
子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について(第8次報告)(社会保障審議会児童部会児童虐待等要保護事例の検証に関する専門委員会) 
子ども虐待による死亡事例等の検証については、社会保障審議会児童部会に設置されている「児童虐待等要保護事例の検証に関する専門委員会」において検証が行われ、今般、平成22年4月1日から平成23年3月31日までの間に、子ども虐待による死亡事例として厚生労働省が各都道府県を通じて把握した82例 (98人)について分析、関係機関の関与があった一部の事例について個別にヒアリングを実施し、明らかになった課題を受けて報告がまとめられました。 
2012.7.22
掲載  
危険学プロジェクト「子どものための危険学」
「子どもの身の周りの危険について知り、事故を減らす」ために役立つ絵本や冊子、歌などが紹介されています。 
2012.7.22
掲載  
消費者庁「子どもを事故から守る!」シンポジウム開催報告
消費者庁では、「子どもを事故から守る!プロジェクト」の一環として、「子どもの事故予防の大切さを伝えます。」をテーマに、保護者、保育園、地方自治体等の関係者によるシンポジウムを、 平成24年3月10日(土)に東京都豊島区のサンシャインシティ文化会館にて開催しました。当日は、子どもの事故予防の大切さ及び子どもの脳の発達と事故との関連性についての有識者の講演、子どもの事故予防に関するアンケート調査結果(消費者庁)及び地方自治体の取組紹介が行われました。 
2012.7.22
掲載  
日本産婦人科医会 風疹の流行について
 2012.7.22
掲載 
日本小児科学会 Injury Alert(傷害注意速報)が更新されました
フード付きパーカーによる溢頸、首浮き輪による溺水、ジェット風船のパーツの誤飲についての情報が更新されています。
 2012.7.22
掲載 
日本小児看護学会のHPがリニューアルしました
 2012.7.22
掲載 
文科省 通学路の交通安全の確保に関する有識者懇談会(第1回) 配付資料議事要旨
2012.7.22
掲載 
子どもの体力向上のための取組ハンドブック(文部科学省)
文部科学省では、全国的な子どもの体力の状況について詳細な把握・分析を行うことを目的として、平成20年度より全国の小学校5年生及び中学校2年生を対象とした「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」を実施してきました。学校や教育委員会における体力向上のための取組を支援するため、これまでの3年間の調査結果を「子どもの体力向上のための取組ハンドブック」を作成し、各教育委員会を通じて全国の各小中学校に配布しています。
  2012.7.15
掲載
赤ちゃん&子育てインフォ改訂版「子育てのための生活安全講座」
震災後の5月、「赤ちゃん&子育てインフォ」では、放射性物質についての基礎知識と、子育て生活において大切な情報をPart1からPart4にわたって「子育てのための生活安全講座」として掲載しました。今回は、2012年4月に公表された放射性物質の新基準値の改訂に伴い、内容を改め、第2版として掲載しています。
  2012.7.15
掲載
風疹の患者数が増加しています(国立感染症研究所)
  2012.7.15
掲載
日本スポーツ振興センター 【広島もみじ通信】第47号 転落事故防止のための取組について
  2012.7.15
掲載
日本スポーツ振興センター 【Web杜のたより】第25号 学校の管理下における転落事故の防止について
  2012.7.15
掲載
政府広報オンライン 熱中症は予防が大事!「高温注意情報」や「暑さ指数」の情報を活用し、十分な対策をとりましょう
 2012.7.15
掲載
平成23年度「家庭教育支援の効果に関する調査研究」報告書
 2012.7.15
掲載
特別支援学校における介護職員等によるたんの吸引等(特定の者対象)研修テキスト 
介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律による社会福祉士及び介護福祉士法の一部改正に伴い、平成24年4月より一定の研修を受けた介護職員等は一定の条件の下にたんの吸引等ができるようになりました。これまで実質的違法性阻却の考え方に基づいてたんの吸引等に当たってきた特別支援学校の教員についても、この制度の適用を受けることになりました。このテキストは、介護職員等によるたんの吸引等(特定の者対象)の研修に際し、特別支援学校の教員等を対象として実施する場合に使用するために作成されたものです。 
 2012.7.15
掲載
平成25年度から平成34年度までの「二十一世紀における第二次国民健康づくり運動(健康日本21第2次)について
 2012.7.15
掲載 
「平成23年版 働く女性の実情」について
「働く女性の実情」は、政府や研究機関等の各種統計調査を用いて、働く女性の状況等を分析した報告書で、昭和28年(1953年)から毎年公表しています。I部第1章では、就業状況や労働条件など、働く女性に関する状況をまとめています。毎年テーマを決めて執筆するI部第2章では、「女性の継続就業〜全員参加型の社会を目指して」と題し、急速な少子高齢化が進む中、全員参加型社会を目指す上で女性の就業継続に影響を与える要因や仕事と家庭の両立支援の状況などについて分析、検討しています。またII部では、働く女性に関する厚生労働省の施策をまとめています。 
  2012.7.8
掲載 
日本赤十字社 「日赤×コ−プ」で‘子どもの命を守るワークショップ’全国展開中
日本赤十字社は日本コープ共済生活協同組合連合会(コ−プ共済連)とタイアップし、「子どもの命と健康を地域で守るワークショップ」を平成23年度に千葉県でモデル事業として始動し、平成24年4月から全国で展開しています。「子どもの命と健康を地域で守るワークショップ」は、日赤とコ−プ共済連が、0〜6歳の子どもの病気(症状)の手当や救急時の対応の方法の普及を通して、子育てを支援するという同一目的のもとで立ち上げたタイアップ事業です。 
 2012.7.8
掲載 
NPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会 第8回 医師のための母乳育児支援セミナー in 名古屋
10月7日(日)・8日、名古屋国際会議場での開催です。申し込み受付は7月2日(月)から9月7日(金)まで。 
 2012.7.8
掲載 
「早期母子接触に際しての注意事項について」(日本助産師会)
 2012.7.8
掲載 
児童生徒の自殺予防に関する調査研究協力者会議(平成23年度)議事要旨
 ★第1回 ★第2回 ★\第3回
 第4回 ★第5回
 2012.7.8
掲載 
児童生徒の自殺予防に関する調査研究協力者会議について(文部科学省)

文部科学省は、これまで自殺対策基本法等の趣旨を踏まえ、児童生徒の自殺予防のための施策を進めてきました。平成18年8月から開催された「児童生徒の自殺予防に向けた取組に関する検討会」の第1次報告の提言内容を踏まえ、平成21年3月には「教師が知っておきたい子どもの自殺予防」、平成23年3月には、米国における子どもに対する自殺予防教育の現況調査についての結果を含む「平成22年度児童生徒の自殺予防に関する調査研究協 力者会議審議のまとめ(以下、「審議のまとめ」)」を作成・公表してきたところです。平成24年度は、平成23年度に引き続き、第1次報告及び審議のまとめを踏まえ、我が国において実施する場合の自殺予防教育の在り方について調査研究を行います。

 2012.7.8
掲載 
平成24年7月1日より新たに9物質が指定薬物に指定されました。
 2012.7.8
掲載 
仕事と家庭の両立支援制度についてのページを開設(厚生労働省)
2012.7.8
掲載 
人事院 育児・介護のための両立支援ハンドブック
 2012.7.1
掲載 
日本学校保健会 平成24年度エイズ教育推進ポスターコンクール
 2012.7.1
掲載 
子どもの早起きをすすめる会 2012年シンポジウム「日本の大人たちに笑顔と眠りを取り戻すために〜本気で変えよう、大人の眠りと生活時間〜」
「子どもの早起きをすすめる会」は、子ども達の眠れない眠らない劣悪な睡眠環境に危惧し、子ども達への啓蒙活動を行っています。活動10年目を迎え、大人達にも訴えていかないと本当の行動変容にはつながらないと考え、今回は、大人社会を考える、をテーマにシンポジウムを開催します。
 2012.7.1
掲載 
日本歯科医師会 8020日歯TVに「子どもへの虐待〜歯科医師の役割〜」
 2012.7.1
掲載 
日本歯科医師会 8020日歯TV「基本的な歯の磨き方〜知っておきたい!乳歯の歯磨き〜」
 2012.7.1
掲載 
日本小児保健協会 平成24年度公益事業 第3回市民公開セミナー「発達障害の支援−思春期を生きる−」(10/28京都)
「発達障害の支援−思春期を生きる−」をテーマに開かれます。参加無料です。 
 2012.7.1
掲載 
平成23年度「アメリカにおける青少年の薬物乱用対策に関する企画分析」報告書(内閣府)
アメリカにおける薬物乱用対策や薬物依存症等の治療共同体であるデイトップ
における取組等について青少年対策を中心に分析し、再乱用防止や立ち直り支援を含めた対策、
手法を有識者によりとりまとめ、もって青少年に対する薬物乱用防止施策の効果的な推進、施策
の検討に資するものである。 
2012.7.1
掲載  
消費者庁 食べ物による窒息事故にご注意ください!
  2012.7.1
掲載 
「楽しい子育て全国キャンペーン」〜親子で話そう!家族のきずな・我が家のルール〜三行詩募集について (文部科学省)
 2012.6.25
掲載 
健やか親子21取り組みのデータベース登録・修正に際してのご案内
 2012.6.25
掲載 
平成24年度「青少年の非行・被害防止全国強調月間」
内閣府では、学校が夏休みに入る毎年7月に関係省庁、地方自治体及び民間関係団体等と連携しながら総合的な非行・被害防止活動を展開しています。今年も、関係機関・団体のみならず地域の方々の参加も得て、青少年の規範意識の醸成及び社会環境の浄化を図ることなどを始めとした諸施策、諸活動をそれぞれ有機的な連携の下に集中的に実施し、青少年の非行・被害防止と保護の徹底を図ることとしています。
 2012.6.25
掲載 
「合法ハーブ」等と称する商品に関する啓発チラシ(内閣府)
 2012.6.25
掲載 
学校安全Web 教材カード「プール事故を起こさないために!」
 2012.6.25
掲載 
自殺予防対策に関する行政評価・監視<結果に基づく勧告>総務省
総務省は、「自殺総合対策大綱」(平成19年6月8日閣議決定)の見直しなど関係施策の推進に資する観点から、自殺予防対策の取組状況などについて調査を実施し、関係機関相互の連携の一層の推進等を勧告しました。
 2012.6.25
掲載 
児童福祉法等の改正による教育と福祉の連携の一層の推進について
  2012.6.25
掲載 
平成24 年度全国保育士会食育推進研修会
全国保育士会食育推進委員会では、「保育所全体で取り組む「食育」のあり方について考える」を平成23 年度・平成24 年度のテーマとして取り組んでおり、さらに全国保育士会として今後「全国保育士会食育推進ビジョン」の策定をすすめ、その推進に努めていくこととしています。この研修は、保育所の食育に関する最新の政策動向を学ぶとともに、全国の仲間と保育所における食育のあり方について考え、さらに職種をこえて保育所全体で連携して食育を進めていくための方法や工夫について学びあうために開催するものです。 
 2012.6.17
掲載 
ポリオ予防接種予診票様式 
9月1日より、ポリオの定期接種ワクチンを経口生ポリオワクチンから不活化ポリオワクチンに一斉に切り替えるに当たり、不活化ポリオワクチンの接種を実施する際の問診に使用する予診票の様式が公開されました。 
  2012.6.17
掲載
社団法人全国ベビーシッター協会は、「公益社団法人全国保育サービス協会」に変わりました
2012年4月1日をもって、社団法人全国ベビーシッター協会は、「公益社団法人全国保育サービス協会」に変わりました。
 2012.6.17
掲載 
日本医師会 平成24年度 Ai学術シンポジウム〜児童虐待の見逃し防止に果たすAiの役割.
7月1日、日本医師会館(東京)での開催です。誰でも参加できます。 
  2012.6.17
掲載
日本医師会 子育て支援フォーラムin岩手のご案内〜子育ての応援とゼロ歳児からの虐待防止を目指して〜
一般市民等を対象としたフォーラムで、 7月14日、岩手県医師会館で開かれます。
  2012.6.17
掲載
日本学校保健会夏季セミナー 未成年者飲酒予防研修会〜学校に求められる未成年飲酒防止教育・実態とその背景〜 
未成年者の飲酒に対する意識は、家庭内でのコミュニケーションと同様、学校教育による啓発が重要な位置を占めています。日本学校保健会が推進する健康教育の一環として、未成年者飲酒防止教育に特化した指導者の資質向上を目的に、主に教職員を対象とした研修会を実施します。8月1日、日本医師会館での開催です。 
  2012.6.17
掲載
医療的ケアを必要とする子どもへの支援における特別支援学校等での看護師のあり方について(日本小児看護学会)
日本小児看護学会は、医療的ケアを必要とする子どもへの支援における特別支援学校等での看護師のあり方についての提言を行いました。 
   2012.6.17
掲載
子どもの事故防止ノート(日本小児看護学会 健やか親子21推進事業委員会)
日本小児看護学会 健やか親子21推進事業委員会は、子どもの事故防止への啓発活動として、「子どもの事故防止ノート」を作成しました。 窒息、溺水、転落、誤飲・誤嚥、熱傷、外傷の6つの項目で構成されていて、それぞれの項目は、日常的に遭遇しやすい事故についての複数の事例を提示し、それぞれの事故の状況を解説した上で、その事故を防止するための注意点や工夫の仕方、および事故が起こったときの対処方法を提示しています。
  2012.6.10
掲載
平成24年版子ども・子育て白書 (旧少子化社会白書)
子ども・子育て白書(旧少子化社会白書)は、少子化社会対策基本法(平成15年法律第133号)第9条に規定する「少子化の状況及び少子化に対処するために講じた施策の概況に関する報告書」であり、政府が毎年国会に提出しなければならないとされているものです。平成24年版子ども・子育て白書は、まず第1部において、「子ども・子育てビジョン」に基づいた施策の推進状況、「子ども・子育て新システム」の概要について説明するとともに、出生率等の動向や、結婚、出産、子育てをめぐる最近の状況について紹介しています。第2部においては、東日本大震災における被災等における対応を含めた平成23年度に講じられた子ども・子育て支援策について記述しています。 
  2012.6.10
掲載
平成24年版子ども・若者白書(旧青少年白書)
昭和31年(1956年)から、青少年の現状と青少年に関する施策を広く国民に紹介し、その理解を得るため、「青少年白書」(非法定白書)を作成してきましたが、現在は、平成22年(2010年)4月に施行された「子ども・若者育成支援推進法」に基づく法定白書として、内閣府は毎年、「子ども・若者白書」を作成しています。 
  2012.6.10
掲載
平成24年版自殺対策白書(内閣府) 
自殺対策白書は、自殺対策基本法(平成18年法律第85号)第10条の規定に基づき、我が国における自殺の概要及び政府が講じた自殺対策の実施の状況について、政府が毎年、国会に提出する年次報告書です。 
  2012.6.10
掲載
日本赤十字社など「学校での心肺蘇生教育の普及に向けての提言」
  2012.6.10
掲載
風疹Q&A(2012年改訂)国立感染症研究所 
  2012.6.10
掲載
不活化ポリオ自治体担当者会議資料
 2012.6.10
掲載
性の健康医学財団  競輪補助事業 印刷物無償配布のお知らせ
 「若い人たちのための性感染症ハンドブック2011」、「医療従事者・養護教諭のための新しい時代の性の健康」が競輪補助事業として無料配布されています。
   2012.6.3
掲載
都市と地方における子育て環境に関する調査報告書(内閣府)
全国をある程度まとまった「地域ブロック」に分けて、当事者である子育て中の夫婦の意識調査を行うとともに既存の統計資料を収集・整理し、出生率との関連や子育て環境の基礎的な状況を把握し、各地域の共通課題や違いの傾向を分析することにより、国及び地方公共団体の子育て支援施策の検討・展開のための基礎資料とすることを目的に行われた調査です。 
  2012.6.3
掲載 
できることから始めよう!「食育ガイド」(内閣府)
乳幼児から高齢者に至るまで、ライフステージのつながりを大切にし、生涯にわたりそれぞれの世代に応じた具体的な食育の取組を実践してもらうために作成されたものです。小学校高学年以上の多くの人が使えるように、表現はわかりやすく編集されています。
  2012.6.3
掲載
平成24年版食育白書を公表しました
第1部は、国民の食に関する意識や第2次食育推進基本計画の目標と現状に関する評価を紹介するとともに、東日本大震災における食育に関連した取組などを紹介しています。また、第2次食育推進基本計画で、家族と一緒に食事をする「共食」を食育推進施策の柱の一つとしていることなどから、特集として、「みんなで食べたらおいしいね」をテーマに、その現状や国民の意識の分析、地方自治体や企業における先進的取組事例を紹介しています。第2部では、平成23年度に講じた、家庭、学校、保育所、地域における食育推進施策の状況について解説するとともに、重要なテーマや新たな取組をコラム等で紹介しています。 
  2012.6.3
掲載
難病のこども支援全国ネットワーク「サマーキャンプ”がんばれ共和国”〜友だちつくろう」参加者募集
  2012.6.3
掲載
白クマ先生の子ども診療所(日本医師会HP)更新
子どもの体に何か変化が生じたときの対応策を一緒に考えるコーナーです。 突発的な事故・ケガに関する緊急時対応方法、状況別に記された対応方法のアドバイスなどが多岐に掲載されています。
  2012.6.3
掲載
学校安全Web教材カード「熱中症を予防しよう」
  2012.6.3
掲載
歯科診療時等において使用される手指用保護具(口腔用)の事故等に係る医療機関並びに介護保険施設等及び障害者支援施設等の施設管理者に対する注意喚起について
  2012.6.3
掲載
風しん患者の地域的な増加について(厚生労働省)
  2012.6.3
掲載
受動喫煙防止対策に係る各種支援事業(厚生労働省)
  2012.5.27
掲載
日本女医会「どうしよう子どもの救急」英語版が発行されました
  2012.5.27
掲載
赤ちゃん&子育てインフォ 赤ちゃん期のコミュニケーション"毎日の生活"がことばを育む
  2012.5.27
掲載
学校安全Web 学校における固定遊具による事故防止対策 調査研究報告書
小学校、幼稚園・保育所に設置された遊具による死亡事故が、平成11年から平成21年度の11年間で10件発生しており、その間の突然死を除いた小学校等の外因死による死亡事故130件のうち多くの割合を占めていることから、事故防止の効果が高いと考えられる固定遊具に対する対策についてまとめられたものです。
  2012.5.27
掲載
立体駐車場工業会 安全利用パンフレット「ちゅうしゃじょうのまわりは きけんがいっぱい」
立体駐車場工業会に報告されている過去の事故事例をもとに作成された、機械式立体駐車場での子どもの事故防止について注意喚起するパンフレットです。
  2012.5.27
掲載
日本歯科医師会 母子健康手帳の交付・活用の手引き
平成23年度 厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)「乳幼児身体発育調査の統計学的解析とその手法及び利活用に関する研究」研究班作成によるものです。母子健康手帳の歴史や意義、交付時の留意点、活用のポイントについて示しています。また、母子健康手帳の交付を工夫して実施している自治体の例を参考として示しています。 
 2012.5.27
掲載 
薬物乱用防止資料「DRUG2012」(警察庁)
  2012.5.27
掲載 
日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール
近年の新しいワクチンの開発、普及によって、ワクチンで予防できる疾患が増え、多くのワクチンを限られた乳幼児期に接種する必要がありますが、それを可能にする ために日本小児科学会は、2011年1月に同時接種に関する考え方を発表しました。その考え方に基づいた日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュールを提示 したものです。
 2012.5.20
掲載 
文部科学省、「早寝早起き朝ごはん」全国協議会、Jリーグ制作 リーフレット「できることから、始めてみよう!」
2012.5.20
掲載 
保育21世紀セミナー2012〜保育の質を高める研修会〜
国において検討が行われていた「子ども・子育て新システム」は、少子化社会対策会議及び閣議決定を経て、平成24年3月30日に子ども・子育て新システム 関連3法案(「子ども・子育て支援法案」「総合こども園法案」「子ども・子育て支援法及び総合こども園法の施行に伴う関係法律の整備に関する法案」)とし て国会に提出されました。また、児童福祉施設の設備及び運営に関する基準(児童福祉施設最低基準)の都道府県等での条例化は、平成24年4月1日の法施行によ り具体的な動きがすすめられる等、保育・子育てをめぐる状況は大きな変革期を迎えています。このセミナーは、全国保育協議会ならびに全国保育士会が、保育組織としての協働のもと、保育所長、保育士をはじめ保育所職員等が一堂に会し、子どもの育ちを主体とした保育所保育の質と保育所機能の向上に向けた取り組みを図ることを目的に開くものです。
 2012.5.20
掲載
日本学校保健会発行「学校保健の課題とその対応」 「養護教諭の職務等に関する調査」附属資料
 2012.5.20
掲載
日本歯科医師会 8020日歯TVに「子どもへの虐待〜歯科医師の役割〜」を掲載
 2012.5.20
掲載
日本小児科学会・日本小児保健協会・日本小児科医会 共催 第6回子どもの食育を考えるフォーラム 報告
子どもの食・栄養に関して、社会の関心が非常に高まっている中、子どもの食育の推進に向けた取り組みの一つとして、開催されているフォーラムです。「今、考える子どもの食の安全:大災害・放射能汚染」をメインテーマに開催された第6回フォーラムの報告です。
2012.5.20
掲載
 
平成24年度「児童虐待防止推進月間」の標語を募集します 期間は本日から6月20日(水)まで
 2012.5.20
掲載
ポリオワクチンに関するQ&A(平成24年5月18日版)
 2012.5.13
掲載
少年非行等の概要(平成23年1〜12月)警察庁
 2012.5.13
掲載
幼児期運動指針について(文部科学省)
文部科学省では、平成19年度から21年度に「体力向上の基礎を培うための幼児期における実践活動の在り方に関する調査研究」において、幼児期に獲得しておくことが望ましい基本的な動き、生活習慣及び運動習慣を身に付けるための効果的な取組などについての実践研究を行いました。この成果を踏まえ、「幼児期運動指針策定委員会」を設置し、幼児期における運動の在り方についての指針の策定作業を行い、今回、同委員会において「幼児期運動指針」、「幼児期運動指針ガイドブック」及び「幼児期運動指針普及用パンフレット」が取りまとめられました。
 2012.5.13
掲載
母性保護のための「女性労働基準規則」を改正〜生殖機能などに有害な物質が発散する場所での女性の就業を禁止、平成24年10月施行〜
平成24年4月10日、母性保護のために、生殖機能などに有害な化学物質が発散する場所での女性労働者の就業を禁止する「女性労働基準規則(女性則)の一部を改正する省令」が公布されました。改正女性則は平成24年10月1日から施行となります。改正女性則では、妊娠や出産・授乳機能に影響のある25の化学物質(従来の規制対象は9物質)を規制対象とし、これらを扱う作業場のうち、以下の業務については、妊娠の有無や年齢などにかかわらず全ての女性労働者の就業を禁止します。 
   2012.5.13
掲載
平成23年度厚生統計要覧
  2012.5.13
掲載 
ポリオワクチンリーフレット改訂版
  2012.5.13
掲載 
平成24年度「世界禁煙デー」ポスター
5月31日の世界禁煙デーをPRするポスターです。
 2012.5.13
掲載 
消費者庁 機械式立体駐車場での事故にご注意ください!
機械式立体駐車場での事故について、消費者庁と国土交通省では、一般利用者が死亡・負傷したとの事故情報を、平成19 年から本年4月末日までの間に26 件(うち、子どもが被害を受けた事故が7件)把握しています。このうち死亡事故が4件(うち、子どもの事故が2件。)あることから、使用に関して注意喚起を行うものです。
  2012.4.29
掲載
平成24年度日本小児保健協会 小児救急電話相談スキルアップ研修会
小児救急の電話相談の役割の理解と相談技術の向上を目的に研修会を開催します。 
  2012.4.29
掲載
「子どもの命を守るために 必ず使おう!!チャイルドシート」(日本小児保健協会など)
日本小児科学会・日本小児保健協会・日本小児科医会からなる、日本小児科連絡協議会「自動車乗車中の子どもの安全推進合同委員会」では、チャイルドシート啓発マーク(チャイルドシートの使用100%を呼びかけるシンボルマーク)を作成しました。 
  2012.4.29
掲載
津波防災啓発ビデオ「津波からにげる」の制作(気象庁)
気象庁では、東日本大震災を踏まえて、津波から自ら判断して避難することの大切さが子供にも分かりやすく理解できる津波防災啓発ビデオ「津波からにげる」を制作しました。  
  2012.4.29
掲載
学校の通学路の安全に関する文部科学大臣緊急メッセージ
  2012.4.29
掲載
2012年世界禁煙デーについて
5月31日(木)を世界禁煙デーとして、5月31日(木)〜6月6日(水)を禁煙週間と定め、今年度は「命を守る政策を!」がテーマです。喫煙及び受動喫煙による健康被害等についての普及啓発に加え、今年度の世界禁煙デーのテーマである「たばこ産業の干渉を阻止しよう」についても、普及啓発を積極的に行います。 
  2012.4.29
掲載
小児救急医療電話相談事業(#8000)について 
 2012.4.29
掲載 
第3回不活化ポリオワクチンの円滑な導入に関する検討会資料
 2012.4.29
掲載
第9回薬害を学び再発を防止するための教育に関する検討会議事録
2012.4.22
掲載
5月21日の日食を安全に観察するために(日本天文協議会、日本眼科学会、日本眼科医会)
日食の観察方法や注意点をまとめた、学校向けの資料です。
  2012.4.22
掲載
日本未熟児新生児学会・新生児医療連絡会 災害時の新生児医療体制復旧手順
日本未熟児新生児学会と新生児医療連絡会では、基本となる手順書を昨年5 月に公開しました。東日本大震災から1 年後、Ver. 2として公開されたものです。
 2012.4.22
掲載
日本小児歯科学会 小児科と小児歯科の保健検討委員会 「子どもの間食」に関する考え方
子どもの間食について、その意義と問題点を整理し、現代における間食の考え方がまとめられています。 
 2012.4.22
掲載
国民生活センター 首が締め付けられて痛い子ども用の冷感ベルト
消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果の紹介です。 
  2012.4.22
掲載
平成24年度児童福祉週間について
子どもや家庭、子どもの健やかな成長について国民全体で考えることを目的に、毎年5月5日の「こどもの日」から1週間を「児童福祉週間」と定めて、児童福祉の理念の普及・啓発のための各種事業及び行事を行っています。児童福祉の理念を広く啓発する標語を全国募集した中から主催者で選考した結果、堀山喜史さん(7歳 埼玉県)の作品を平成24年度「児童福祉週間」の標語の最優秀作品と決定しました。 
  2012.4.22
掲載
第3回不活化ポリオワクチンの円滑な導入に関する検討会
 2012.4.22
掲載
4月21日から4月28日は「世界予防接種週間」です
WHO(世界保健機関)は、今年4月21日(土)から28日(土)を「世界予防接種週間」(World Immunization Week)とし、期間中、世界各国に呼びかけて予防接種のキャンペーン、啓発活動、情報共有を行います。日本においても、この「世界予防接種週間」を通じて、世界には予防接種により命を救われる人や、必要な接種を受けられない子どもたちが数多くいることなど、予防接種の意義について国民の皆さまに改めて考えていただくとともに、予防接種を引き続き受けていただける機会となるよう、情報提供を行っていきます。
 2012.4.15
掲載 
日本母乳哺育学会主催 カンガルーケア勉強会
母乳哺育学会の会員はもとより、会員ではない医療者や一般の方々にも門戸を開き、ディスカッションを通しお互いの知識の交流や母乳哺育における数々の問題意識を共有する事を目的として企画されているもので、今回はマスコミにも度々とりあげられ、医療者だけではなく一般の方々の間でも関心が深く持たれているカンガルーケア(STS)をテーマに開催します。
 2012.4.15
掲載  
日本小児科学会主催第7回思春期医学臨床講習会(札幌)
 2012.4.15
掲載 
第9回麻しん対策推進会議
   2012.4.15
掲載 
児童福祉法第47条第5項に基づき児童福祉施設の長等が緊急措置をとった場合の都道府県知事又は市町村長に対する報告について(平成24年3月27日雇児総発0327第1号、雇児福発0327第2号、雇児保発0327第1号、雇児母発0327第1号、障障発0327第1号)
  2012.4.15
掲載 
「児童福祉法施行令の一部を改正する政令」の施行について(平成24年3月14日雇児発0314第1号)
  2012.4.15
掲載 
児童相談所及び市町村の職員研修の充実について(平成24年2月23日雇児総発0223第2号)
 2012.4.15
掲載 
児童虐待の防止等に関する政策評価(総務省統一性・総合性確保評価)について(平成24年2月23日雇児総発0223第1号、雇児保発0223第1号)
2012.4.15
掲載 
「産婦人科診療ガイドライン−産科編2011」(日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会
日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会の共同事業として、産婦人科診療ガイドラインの「産科編2011」が、前回の「産科編2008」の改訂増補版として刊行される運びとなりました。
 2012.4.15
掲載
キッズデザイン協議会 キッズデザイン講演会2012 「子どもの創造性育成とキッズデザイン」
4月25日、千代田区立 日比谷図書文化館・大ホールで開催されます。基調講演では子どもの発育・発達に応じた学びの必要性を、パネルディスカッションでは、そのための場づくりの重要性、教育現場や企業での実践事例などの紹介を通じて、その意義とデザインの役割などを考えます。
 2012.4.8
掲載
ペダルなし二輪遊具の事故防止について(注意喚起)
幼児の乗用玩具「ペダルなし二輪遊具」で遊んでいる際、転倒によってケガをした事例が6件、消費者庁に寄せられています。いずれも軽傷ですが、「道路で走らない」といった正しい使用方法を守らないと、重大な被害につながる恐れがあるため、消費者の皆様に注意を呼びかけます。 
 2012.4.8
掲載
日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会 Injury Alert(傷害注意速報)遊具からの転落による大腿骨骨折
 2012.4.8
掲載
子どもの死に関する我が国の情報収集システムの確立に向けた提言書(日本小児科学会小児死亡登録・検証委員会)
2012.4.8
掲載 
家庭教育支援の推進に関する検討委員会(第9回)議事概要
  2012.4.8
掲載
女性医師離職防止・復職支援について

近年、医師国家試験の合格者に占める女性の割合は約3分の1となっており、特に産婦人科・小児科については20代の女性医師の割合が半数を上回っている現状もあるため、出産や育児といったライフステージに応じた就労を支援するための取組が課題となっています。このため、厚生労働省は「女性医師等就労支援事業」、「女性医師支援センター事業」及び「病院内保育所事業」の3事業を実施し、女性医師の離職防止・復職支援を行っています。

  2012.4.1
掲載
学校安全部会(第7回) 配付資料
  2012.4.1
掲載
学校安全部会(第8回) 配付資料 文部科学省
 2012.4.1
掲載 
学校における結核対策マニュアル
平成23年8月に取りまとめられた「学校における結核検診に関する検討会」報告の内容に基づき作成されたマニュアルです。日本は依然として結核の中まん延国であり、小中学生の結核患者数が近年減少しているとは言えない状況下にあることに加え、集団で生活をする学校は感染症がまん延しやすい環境です。地域保健と十分な連携をとりながら、地域の実情に応じた有効な結核対策が実施されるために、このマニュアルは作成されました。 
  2012.4.1
掲載
学校安全部会(第9回) 配付資料 文部科学省
  2012.4.1
掲載
学校安全の推進に関する計画の策定について(答申)文部科学省
  2012.4.1
掲載
「楽しい子育て全国キャンペーン」〜親子で話そう!家族のきずな・我が家のルール〜三行詩優秀作品集
  2012.4.1
掲載
第9回21世紀成年者縦断調査(国民の生活に関する継続調査)の概況
  2012.4.1
掲載
第14回社会保障審議会児童部会社会的養護専門委員会資料
 2012.4.1
掲載 
保健師活動領域調査
  2012.4.1
掲載
医療ネグレクトにより児童の生命・身体に重大な影響がある場合の対応について(平成24年3月9日雇児総発0309第2号)
  2012.4.1
掲載
「児童相談所長又は施設長等による監護措置と親権者等との関係に関するガイドライン」について(平成24年3月9日雇児総発0309第1号)
 2012.4.1
掲載
食品中の放射性物質の検査結果について(第352報)(東京電力福島原子力発電所事故関連)
2012.3.25
掲載 
「健やか親子21」最近の動向を更新しました
 2012.3.25
掲載
「健やか親子21」推進協議会・参加団体の平成22年度取組実績と平成23年度行動計画を掲載しました
 2012.3.25
掲載
「健やか親子21」全国大会のページを更新しました
平成24年度の全国大会は、平成24年10月31日(水)〜11月2日(金)、群馬県(ベイシア文化ホール)で開催予定です。 
 2012.3.25
掲載
「健やか親子21」推進協議会参加団体一覧を更新しました
 2012.3.25
掲載
日本小児外科学会が健やか親子21推進協議会に参加しました 
 2012.3.25
掲載
国民生活センター 子どもサポート情報「危険!窓・ベランダから子どもが落ちた!」
  2012.3.25
掲載
消費者庁「あなたのお子さんは安全?」リニューアル
  2012.3.25
掲載
消費者庁「あなたのお子さんは安全?」の充実について
消費者庁では、「子どもを事故から守る!プロジェクト」ホームページ上のコンテンツ「あなたのお子さんは安全?」において、子どもの月齢・年齢毎に起こりやすい事故とその予防策を紹介しています。この度、この「あなたのお子さんは安全?」の全項目にイラストを加えるとともに、新規項目を追加し、冊子形式でホームページに掲載しましたので、お知らせいたします。子どもの事故予防に、ぜひご活用ください。 
  2012.3.25
掲載
消費者庁「「みんなで赤ちゃんを守ろう」鉄道でのベビーカー利用に関するキャンペーンの後援について
3月23日から同4月30日まで実施されるキャンペーンで、ベビーカー利用者が安全に鉄道の乗り降りができるよう、駅構内でのポスター掲示等によって啓発するとともに、周囲の方の理解・協力をお願いするものです。
 2012.3.18
掲載
キッズデザイン協議会 キッズデザイン図鑑 「JR九州キッズプロジェクト」
  2012.3.18
掲載
日本周産期・新生児医学会『反復・習慣流産(いわゆる「不育症」)の相談対応マニュアル』
  2012.3.18
掲載
日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法インストラクター養成講習会について
 2012.3.18
掲載
平成23年中における自殺の状況(内閣府)
 2012.3.18
掲載
「周産期医療に関わる専門的スタッフの養成」の中間評価結果について
我が国の医療は、深刻な医師不足の地域や地域医療の崩壊により、国民が安心して医療を受けることが困難な状況にあり、医療提供体制の強化は喫緊の課題です。そのため、地域医療の最後の砦であり、医療人材の養成や高度医療の提供といった使命・役割を担っている大学病院において、「周産期医療に関わる専門的 スタッフの養成」事業を実施しています。この事業は、次代を担う若手医師の教育環境整備や、女性医師の勤務継続支援・復帰支援等の教育指導体制の充実を行うなど、先駆的な事業を実施する大学病院を支援することにより、大学病院の人材養成機能を強化し、医師の過重労働の軽減や、大学病院及び地域の周産期医療体制の構築を行うことを目的としています。 
 2012.3.18
掲載
文部科学省 学校安全部会(第6回) 配付資料
2月9日、「学校施設における安全対策の取組について」などについて話し合われた会議の資料です。 
 2012.3.18
掲載
ご家族の薬物問題でお困りの方へ(家族読本)(平成24年3月12日現在)
 2012.3.18
掲載
平成22年医師・歯科医師・薬剤師調査の概況
医療施設(病院・診療所)に従事する医師のうち、診療科名(主たる)が 「小児科」と「産婦人科」・「産科」の医師数をみると、「小児科」は15,870人、「産婦人科」は10,227人、「産科」は425人、「産婦人科」・「産科」あわせて10,652人でした。
  2012.3.18
掲載  
第9回麻しん対策推進会議
  2012.3.18
掲載 
平成23年度秋のポリオワクチン接種率調査結果(速報)を公表しました
厚生労働省ではこのほど、市町村が実施する急性灰白髄炎(ポリオ)の予防接種について、平成23年度秋シーズン(9月〜12月)の実施状況(速報値)を取りまとめましたので、公表します。
 2012.3.11
掲載 
『児童相談所における 性的虐待対応ガイドライン2011年版』パンフレットのポルトガル語版作成(愛育ねっと)
 2012.3.11
掲載 
少子化社会対策会議(第12回)、子ども・子育て新システム検討会議(第4回)合同会議 議事次第
2012.3.11
掲載  
政府広報オンライン〜児童虐待から子どもを守るために民法の「親権制限制度」が見直されました
児童虐待から子どもを守る視点から、民法の「親権制限制度」「未成年後見制度」が改正され、平成24年4月1日から施行されます。
 2012.3.11
掲載 
「学校防災マニュアル(地震・津波災害)作成の手引き」の作成について(文科省) 
文部科学省は、このたび、今回の大震災で明らかになった教訓を踏まえ、地震・津波が発生した場合の具体的な対応について参考となるような共通的な留意事項をとりまとめた「学校防災マニュアル(地震・津波災害)作成の手引き」を作成しました。各学校においては、児童生徒等の安全の確保を図るため、危険等発生時に職員が講じるべき措置の内容や手順を定めた危機管理マニュアル(危険等発生時対処要領)を作成することとされており、その参考となる手引きを作成したものです。 
  2012.3.11
掲載 
Tobacco Free Women TV
「女性と喫煙」の問題をテーマとした、タバコ・フリー社会の実現をめざすためのプロジェクトで、動画を配信しています。開局記念特番「ひなまつりスペシャル・トーク」などが閲覧できます。 
  2012.3.11
掲載 
家庭教育支援の推進に関する検討委員会(第7回)議事概要
 2012.3.11
掲載 
第11回健やか親子21推進協議会総会(開催案内)
第11回健やか親子21推進協議会総会を3月13日に開催します。 
 2012.3.4
掲載
日本医師会「受動喫煙ゼロ宣言」〜子どもたちを受動喫煙から守るために〜
喫煙は喫煙者本人のみでなく、周囲の非喫煙者にも受動喫煙というかたちで害を及ぼすことから、日本医師会は、受動喫煙から非喫煙者を守るために「受動喫煙ゼロ宣言」を行い、妊婦や乳幼児の家庭内での受動喫煙の防止を推進したり、学校保健の場を通じて、児童・生徒にたばこの有害性などについての健康教育を推進したりするなどの取り組みを実施します。
 2012.3.4
掲載
ライターの火遊びによる子どもの事故の防止について(周知の徹底)経済産業省
子どものライターの火遊びが疑われる事故が発生したことを受けて、経済産業省としては、関係省庁等と協力して広く消費者に対する注意喚起を改めて実施するとともに、特に今回は、全国の幼稚園・保育園を通じて、幼児の周囲の大人に対して集中的に周知を図っていく予定です。 
 2012.3.4
掲載
3月は自殺対策強化月間です(内閣府)
 2012.3.4
掲載
『イクメンプロジェクト』 イクメンエピソードコンテストの受賞者決定
 2012.3.4
掲載
「日本脳炎の定期の予防接種について」の一部改正について(平成24年2月28日) 
 2012.3.4
掲載
平成17年度〜21年度に日本脳炎の予防接種の機会を逃した方へのご案内(平成23年5月20日) 
2012.2.26
掲載
日本ラクテーションコンサルティング協会「先進国における災害時の乳児栄養(要旨全文翻訳)」全面改訂
 2012.2.26
掲載
「旧型のライターの取扱いに注意! 〜特に小さい子供のいる家庭ではできるだけ早く処分しましょう〜」(東京都生活文化局消費生活部生活安全課)
 2012.2.26
掲載
学校保健Web 教材カード2月号【ノロウィルスでの食中毒を防ごう】を掲載
 2012.2.26
掲載
「子ども・子育て新システムに関する基本制度とりまとめ」について(内閣府)
 2012.2.26
掲載
平成23年中の交通事故の発生状況
チャイルドシート使用者率(6歳未満幼児の自動車同乗中死傷者に占める使用の死傷者の割合)は72.1%であり、前年と比較すると、0.7P上昇し、16年以降漸増傾向にある。6歳未満幼児の自動車同乗中の死亡重傷率は、10年前の1.97%から1.30%に低下している。この死亡重傷率をチャイルドシート使用有無別にみると、使用者の0.72%に対して不使用者は3.8倍の2.71%であり、チャイルドシートの使用が交通事故の被害軽減に寄与していることが認められる。また、使用者を適正・不適正使用別にみると、適正使用者の0.44%に対して不適正使用者は8.6倍の3.78%であり、チャイルドシートは適正に使用することにより、被害軽減の効果を発揮することを示している。 
 2012.2.26
掲載
健康的な学習環境を維持管理するために −学校における化学物質による健康障害に関する参考資料−
文部科学省では、学校における化学物質による健康障害について、予防対策の考え方及び健康障害が発生した場合の対応等を記載した「健康的な学習環境を維持管理するために」を作成しました。 
  2012.2.19
掲載
児童相談所における性的虐待対応ガイドライン2011年版(愛育ねっと)
性的虐待、子どもの家庭内性暴力被害への対応についての児童相談所における通告受理からの初期対応の実務に資することを目指して作成されたガイドラインです。
  2012.2.19
掲載
消費者庁「ライターの取り扱いにご注意ください」
チャイルドレジスタンス機能のないライターによる火遊びで火災死亡事故が発生した、との報道があったことから、改めて、ライターの取り扱いについて注意喚起を促すものです。
  2012.2.19
掲載
生活者推薦「あなたのおすすめ!キッズデザイン」募集(キッズデザイン協議会)
キッズデザインは、子どもたちの安全・安心や健やかな成長発達のために、また、子どもたちを産み育てやすい社会づくりのために役立つモノやサービスなど を指します。このたび第6回キッズデザイン賞の募集に際し、消費者の目線から、キッズデザイン賞にふさわしい商品についての投稿を募集しています。
 2012.2.19
掲載 
小児救急医学会ホームページがリニューアルしました
  2012.2.19
掲載
少年非行等の概要 警察庁( 平成23年1〜12月) 
薬物乱用や、児童虐待事件の検挙状況などが閲覧できます。 
  2012.2.19
掲載
文部科学省 学校安全部会(第1回)配付資料
  2012.2.19
掲載
ファミリー・サポート・センターのご案内
子育てを地域で相互援助する組織「ファミリーサポートセンター」についてのパンフレットです。 
  2012.2.19
掲載
展示会「子どもの健やかな成長のために−厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財(出版物)の紹介」
厚生労働省では、2月21日(火)から3月11日(日)まで、国立国会図書館 国際子ども図書館(東京・上野)と共催で、展示会「子どもの健やかな成長のために ―厚生労働省社会保障審議会推薦 児童福祉文化財(出版物)の紹介」を同図書館ホールで開催します。児童福祉文化財は、幼児から高校生向けに、また保育士など、子どもに関わる人が保育や指導を行う上で参考としてもらえるように、同審議会が毎年、出版物、舞台芸術、映画・メディア等の3分野から優秀作品を推薦する制度です。 
  2012.2.19
掲載
平成22年乳幼児身体発育調査報告
全国的に乳幼児の身体発育の状態を調査し、乳幼児の身体発育値及び発育曲線を明らかにして、乳幼児保健指導の改善に資することを目的に実施されている調査です。
  2012.2.12
掲載
子供未来とうきょうメッセ2011 メインステージ(地域の子育て支援モデル事業報告、シンポジウム)レポート/セミナースペースのレポート
昨年11月25日に開かれた「子供未来とうきょうメッセ2011」での講演やセミナーのレポートが掲載されました。 
 2012.2.12
掲載
日本小児科医会 第14回「子どもの心」研修会  プログラム仮申込書(2/29締切)
前期は5月12日(土)・13日(日)、後期は7月28日(土)・29日(日)、都市センターホテル(東京都千代田区)で開かれます。  
 2012.2.12
掲載
日本小児科学会 第15回子どもの防煙研究集会
「子どもの防煙のための医療・教育・行政の連携に向けて」をテーマに、日本小児科学会会員に限らず、子どもの防煙に関心のある方々を対象に開かれます。
 2012.2.12
掲載
日本小児科学会公開シンポジウム 第2回病棟のこどもたちをサポートする;多職種のコラボレーション
4月22日、ホテルオークラ福岡での開催です。
 2012.2.12
掲載
国民生活センター 子どもサポート情報 「危険! 紙・シール・ポリ袋の誤飲事故」
東京都が6歳以下の子どもがいる保護者を対象に行ったアンケート調査によると、子どもが異物を飲み込んだ、または飲み込みそうになった事故で、最も多かったものは「紙類」、次いで「シール」でした。その他にレジ袋やお菓子の袋等「ポリ袋」の誤飲もあり、中には息ができなくなって救急車を呼んだケースもありました。 
 2012.2.12
掲載
平成22年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」の確定値及び訂正値の公表について
小・中・高等学校から報告のあった自殺した児童生徒数は156人(前年度165人)でした。内訳は、小学校1人(前年度より1人増加)、中学校43人(前年度より1人減少)、高等学校112人(前年度より9人減少)の合計156人(前年度より9人減少)でした。自殺した児童生徒が置かれていた状況として「いじめの問題」があった生徒は4人(前年度より2人増加)でした。
 2012.2.4
掲載
愛育ねっと 文献抄録 「Media Use by Children Younger Than 2 Years(2歳以下の乳幼児によるメディアの使用)」(米国小児科学会(AAP)の提言)
 2012.2.4
掲載
母子愛育会 平成24年度研修事業一覧表
 2012.2.4
掲載
日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会 Injury Alert(傷害注意速報)電気ケトルによる熱傷
電気ケトルはやかんと電気ポットの機能を備えた製品として登場し,最近では一般家庭でも広く使用されていますが、子どもが熱傷を起こす事故が起きています。 
 2012.2.4
掲載
「子どもを事故から守る!プロジェクト」シンポジウム(消費者庁)
消費者庁では、「子どもを事故から守る!プロジェクト」を実施しています。プロジェクトの取組の1つとして行うこのシンポジウムでは、主に3歳未満の子どもの発達に応じて、どのような事故が起こりやすいのか、子どもの事故(窒息やお風呂で溺れるなど)を未然に防ぐにはどうすればよいのかについて考えます。3月10日、サンシャインシティ 文化会館での開催です。
 2012.2.4
掲載
イクメンプロジェクト 第10回「イクメンの星」を選定しました
 2012.2.4
掲載
平成22年国民健康・栄養調査結果の概要 
 2012.2.4
掲載
平成23年度薬物乱用防止広報啓発活動について(文部科学省)
 文部科学省では、薬物乱用防止に関する「広報啓発映像」及び「ポスター」を全国の高等学校等から募集し、このたび、優秀作品を決定しました。今後、この優秀作品を活用して、広報啓発活動を展開します。
 2012.1.29
掲載
平成23年度「企業参加の子育て支援事業全国会議」の開催について(内閣府)
内閣府は、3月8日、丸の内マイプラザホール(東京都千代田区)にて、企業が参加した子育て支援の取組を一層推進し、社会全体で子育て家庭を 支援する機運の醸成を図るため、全国会議を開催します。
 2012.1.29
掲載
平成22年度学校体育振興事業研究報告集(文部科学省)
文部科学省では、学校体育振興事業として、体育の授業や運動部活動等の活性化を通じて、児童生徒がスポーツの楽しさ、爽快さ、達成感などを体験する機会を 豊かにすることにより、生涯にわたりスポーツに親しむ基礎を培い、ひいては体力の向上に資するため、平成21年度から「中学校武道必修化に向けた地域連携 指導実践校」を実施するとともに、平成22年度からは「地域スポーツ人材を活用した運動部活動等推進事業」を実施しています。これは、この事業の委託先である教育委員会(実践校)から提出された研究報告書をもとに編集した報告集です。 
2012.1.29
掲載 
保育施設における事故報告集計
厚生労働省は、平成23年1月1日から平成23年12月31日の間に報告のあった、保育施設における事故報告を取りまとめました。報告件数は89件(認可保育所…69件、認可外保育施設…20件)でした。負傷等の報告は75件あり、そのうち最も多かったのは5歳(21名)です。死亡事例は14件あり、そのうち最も多かったのは0歳(7名)です。事故の発生場所は、保育室等の室内(61件)が最も多かったとの報告でした。
 2012.1.29
掲載
第3回 臨床現場の医師のための性感染症最新講座(2/4東京、性の健康医学財団)
 2012.1.29
掲載
乳児用食品に係る表示基準の設定に関する意見募集(消費者庁)
 2012.1.29
掲載
東京都福祉保健局 赤ちゃん・ふらっと(東京都内の授乳室・おむつ替えスペース)
「赤ちゃん・ふらっと」は、小さな子どもを連れた人が安心してお出かけできるよう整備された、授乳やおむつ替え等ができるスペースの愛称です。東京都では、公園や児童館などの公共施設、その他小さなお子様を連れて出かける身近な地域に平成23年度までに1000か所整備することを目標としています。平成24年1月13日現在の届出施設は926か所です。
 2012.1.29
掲載 
イクメンプロジェクト 第5回イクメンシンポジウム 
厚生労働省は、今年度第5回目となるイクメンシンポジウム『イクメンシンポジウム〜共に働き・共に子を育てる最強の方法〜』を、2月25日に東京都港区で開催します。厚生労働省では、育児を積極的に行う男性=「イクメン」を応援するため、平成22年6月から「イクメンプロジェクト」を実施しています。このシンポジウムは、イクメンプロジェクトの一環として開催するもので、「共に働き・共に子を育てる最強の方法」をテーマにパネルディスカッションを行います。入場は無料で、仕事と子育ての両立に関心のある人は誰でも参加可能です。 
  2012.1.22
掲載 
文部科学省 第4回全国家庭教育支援研究協議会「共に育み、共に育つ。そして、学びを支え合う〜学校・家庭・地域において我々は何ができるか〜」
「イクメン」という言葉も広く知られ、男性の育児参加の意識が高まる中、子どもが乳幼児から学齢期、思春期へと成長するにつれて、家庭教育においても、育ちに応じた関わり方が求められています。また、昨今、学校や地域では、PTAやおやじの会、NPO活動など様々な活動をとおして、地域ぐるみで子どもを育む取組が行われています。家庭環境の多様化の中で、私たち大人に何ができるか、地域や学校ではどのような関わりが必要とされているのか、地域の一員としての活躍の場と出番をつくることについて理解を深め、私たちにできる方策を考えます。2月17日、大津プリンスホテルでの開催です。
  2012.1.22
掲載 
文部科学省 第3回全国家庭教育支援研究協議会「震災を越えて−今、みんなでできること、あなたにできること〜社会全体で子どもたちを育むために〜」
3月11日に発生した東日本大震災をきっかけとして、今、家族や地域の絆の大切さ、社会全体で子どもたちを育んでいくことの大切さが、再認識されています。こうした中、急な環境変化や困難な環境下においても、子どもたちを健やかに育んでいけるよう、子どもや子育て家庭への支援のあり方について、今、地域が、学校が、社会ができることについて、様々な立場から理解を深めます。また、日頃から、社会全体で子どもや子育て家庭を支え、子どもたちの笑顔を守り、未来を育むために、求められる地域づくり、社会づくりについて考えます。2月12日、仙台国際センターでの開催です。
  2012.1.22
掲載 
保育所における食事の提供ガイドライン作成検討会(第2回) 議事録
  2012.1.22
掲載 
性の健康医学財団 医療従事者と養護教諭のための性の健康基礎講座 “性の健康を守るために、今、私たちにできること”
助産師、看護師、医療相談スタッフ、養護教諭などを対象にした講座で、2月11日、東京都江東区での開催です。 
  2012.1.22
掲載 
日本外来小児科学会 小児在宅医療検討会
病院や施設に入院・入所している子ども達が在宅生活を送れるよう、在宅医療に関する啓発、知識・技術の共有と開発することを目的として設立され、2011年11月に承認された検討会についてのページです。  
  2012.1.22
掲載 
日本産科婦人科学会 「拡大医療改革委員会」兼「産婦人科医療改革公開フォーラム」
日本産科婦人科学会と、厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)「地域における周産期医療システムの充実と医療資源の適正配置に関する研究」(研究代表者:海野信也)主催で、1月29日、東京ステーションコンファランス(東京都千代田区)で開かれます。公開フォーラムで、一般の方も傍聴ができます。
  2012.1.22
掲載 
日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会 Injury Alert(傷害注意速報)
幼稚園の園庭にある遊具による事故の事例です。 
  2012.1.22
掲載 
日本子ども家庭総合研究所 東日本大震災の報道に係るご配慮について(要請)
3月11日を中心に、震災関連の報道が増加することが予想される中、それらの報道に用いられる映像によって子どもに大震災の記憶が呼び覚まされ、身体症状や精神症状が出現し、PTSD が悪化することが懸念されるため、子どもがテレビを視聴する時間帯での東日本大震災の報道や被災した子どもへの取材について、報道機関に配慮を要請するものです。
 2012.1.22
掲載 
iPhone, iPad, iPodを使っている妊婦さんのための情報アプリ「スプラウト」
「Sprout」はMed ART Studiosが開発した、将来のママたちのための妊娠・出産情報アプリです。日本語バージョンは日本SIDS家族の会が担当しました。コンテンツは日本の産婦人科医による最新の妊娠・出産ガイドラインに添ったものです。
  2012.1.22
掲載 
第13回社会保障審議会児童部会社会的養護専門委員会資料
 2012.1.15
掲載 
全国保健師長会 「全国児童相談所保健師配置状況及び業務内容に関する調査結果報告書」
健やか親子特別委員会は、全国児童相談所の協力を得て、児童相談所保健師の現状や活動の実際を知り、児童相談所の保健師をバックアップするために平成22年度に実態調査を行いました。 
 2012.1.15
掲載 
日本家族計画協会 平成24年度セミナー(2012年度)年度計画一覧表
2012.1.15
掲載 
日本助産師会 助産師交流会「もっと助産師業務について考えよう!」
日本助産師会は、会員を対象に、助産所・保健指導・勤務助産師の三部会合同で「助産師交流会」を開催します。2月5日、東京での開催です。 
  2012.1.15
掲載
日本母乳の会 第4回母乳育児支援研修会 母乳育児の第一歩から「赤ちゃんにやさしい病院」認定へ
日本母乳の会では、母乳育児の知識を得、技能を高めたいと考えている方々、新たにWHO・ユニセフ「赤ちゃんにやさしい病院・Baby Friendly Hospital(BFH)」認定を目指している施設の方々を対象に研修会を開催しています。今回は2月11、12日、名古屋市内での開催です。 
 2012.1.15
掲載
日本医師会 子ども虐待防止フォーラム in 京都
日本医師会などは1月28日、「ゼロ歳児からの子ども虐待防止を目指して」をテーマに一般市民等を対象としたフォーラムを開催し、児童虐待防止に向けた啓発活動、情報提供を行います。 
 2012.1.15
掲載
平成23年度子ども予防接種週間−希望するすべての子どもに予防接種を!(日本医師会)
入園、入学前で保護者の予防接種への関心を高める必要がある時期であることから、2012年3月1日(木)から3月7日(水)までの7日間を、子ども予防接種週間と定めています。
 2012.1.15
掲載
第2次食育推進基本計画リーフレット(内閣府)
食育推進基本計画は、食育基本法に基づき、食育の推進に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、基本的な方針や目標について定めるものです。平成18年3月に決定された最初の計画期間が平成22年度末に終了し、今回新たに平成23年度からの5年を期間とする第二次食育推進基本計画がつくられました。
2012.1.8
掲載
平成23年度厚生労働科学研究 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業 講演会「昨今の母子保健施策に関する話題について」
国立成育医療研究センター病院 母性医療診療部不妊診療科医長 齊藤英和氏による研究発表「ライフスタイルの変化に伴う妊娠希望時の妊孕性減弱に対する病態解明、新規診断法と治療法開発のための研究」などが予定されています。
2012.1.8
掲載
恩賜財団母子愛育会 日本子ども家庭総合研究所 子ども家庭福祉研究 講演会「子どもの健康と社会福祉」〜安心して暮らせる社会のために〜
恩賜財団母子愛育会 日本子ども家庭総合研究所副所長兼母子保健研究部長 衞藤 骼≠ノよる基調講演「これからの思春期・学校保健の課題 −健康教育の立場から−」のほか、子どもの健康と社会福祉に関する研究発表が予定されています。
2012.1.8
掲載
日本産婦人科医会 出生直後に行う「カンガルーケア」について
出生直後に行う「カンガルーケア」中に新生児が呼吸あるいは心肺停止となり、新生児死亡あるいは神経学的後遺症が懸念される報告が続いていることから、正常産であっても出生直後の新生児は呼吸・循環ともに非常に不安定な時期にあることを認識し、「カンガルーケア」実施に際して安全管理をお願いするものです。
2012.1.8
掲載
第8回日本小児医療政策研究会
厚生労働省 雇用均等・児童家庭局 母子保健課長 泉陽子氏による基調講演「我国の母子保健行政の現状と将来」などが予定されています。1月28日、東京での開催です。
2012.1.8
掲載
平成21年度 全国家庭児童調査結果の概要
全国の家庭にいる児童及びその世帯の状況を把握し、児童福祉行政推進のための基礎資料を得ることを目的として、5年周期で実施している調査です。
2012.1.8
掲載 
食べ物による窒息事故防止のための情報提供について(消費者庁)
もちを含め、食べ物による窒息事故の8割は子ども・高齢者に起こっていることから、注意喚起のため、消費者庁では、事故の事例と事故防止のポイントをまとめました。
2012.1.8
掲載
政府広報オンライン「身近な地域の中で子ども・子育てを支援する児童委員・主任児童委員」
児童委員・主任児童委員は、地域の子どもたちが元気に安心して暮らせるよう、子どもや子育て家庭への支援活動を行う、地域のボランティアです。全国各地で、児童委員・主任児童委員と地域・学校が連携し、様々な子ども・子育て支援活動を行っています。
2012.1.8
掲載
児童生徒の自殺予防に関する調査研究協力者会議について(文部科学省)

文部科学省においては、これまで自殺対策基本法等の趣旨を踏まえ、児童生徒の自殺予防のための施策を進めてきたところであり、平成18年8月から開催された「児童生徒の自殺予防に向けた取組に関する検討会」の第1次報告の提言内容を踏まえ、平成21年3月には「教師が知っておきたい子どもの自殺予防」、平成23年3月には、米国における子どもに対する自殺予防教育の現況調査についての結果を含む「平成22年度児童生徒の自殺予防に関する調査研究協 力者会議審議のまとめを作成・公表してきたところです。平成23年度は、第1次報告及び審議のまとめを踏まえ、我が国において実施する場合の自殺予防教育の在り方について調査研究を行います。

2012.1.8
掲載
震災対応を通じて考える地域とともにある学校づくりフォーラム〜平素からの学校と地域の関係づくりが子どもたちを守り、地域を守ることにつながる〜(文部科学省)
文部科学省は、2月24日に「震災対応を通じて考える地域とともにある学校づくりフォーラム」を開催します。このフォーラムは、平成23年3月11日の東日本大震災からほぼ1年となることから、被災地の学校における震災発生時の学校長の対応やその後の学校再開に向けた取組などを通じて、コミュニティ・スクールなどの地域とともにある学校づくりや今後の学校運営の在り方を考える初めての試みです。
2012.1.8
掲載
現在の薬物乱用の状況
「覚醒剤事犯における未成年検挙者等の推移」などが閲覧できます。

ページ上部へ
Copyright 2001 by Zentaro Yamagata All rights reserved